子供が「YouTube」「ゲーム」から、得るもの、失うもの。

スポンサーリンク

 

こんにちは、sally です。

子供達は、YouTubeやゲーム大好きですよね。
「絶対にやらせない」と言う訳じゃないお母さん達も、我が子がやり過ぎだと、子どもの事を心配するあまり、その事がきっかけでストレスになり、イライラしてしまいますよね。

 

 

では、なぜ子供がYouTubeやゲームに夢中になると、大人は心配になるのでしょう。

sally
sally

依存症や中毒になったらどうしよう?
引きこもりになったらどうしよう?
外で遊ばなくなったらどうしよう?
目が悪くなったらどうしよう?
ゲームに夢中で家族の会話がなくなったらどうしよう??

と、こんな所じゃないでしょうか?

今日は、ゲームやYouTubeをする事で、得るものと失うものを考えて行きたいと思います。

なぜ、子供達はゲームやYouTubeに夢中になるのか

なぜ、子供達はゲームやYouTubeに夢中になるのでしょうか?
きっと、答えは至ってシンプルです。

・楽しいから
・面白いから
・大人に比べて、余暇時間が多いから

 

単純に楽しく、面白いのだと思います。
「楽しくて、面白い」とだけ言うと「学びの価値」がないように聞こえますが、それは違います。

 

YouTubeって、大人がみても学べることだらけなんですよ。
私は良く、ゲッターズ飯田さんの番組をみて「明日からは、明るく元気に挨拶しよう」とか前向きになるし、メンタリストDaigoさんも好きで「自分らしく生きよう」と思ったりします。

それ以外にも、料理をみたり、エクササイズ動画をみたりして、本で調理法を知るよりわかりやすいし、スポーツジムに行かなくても家でトレーニングできるし最高!と思っています。
何より、無料ってすごくないですか???

 

日本人は、「辛さを耐え抜いた結果、学んだ事に価値がある」と考える風習がありますが、違います。楽しく、面白く、簡単に学んで得たものこそ最高じゃないですか?

そんな学びをしてきた人は「こうやって学ぶとたのしいよ」と、自分と同じように、楽しく学ぶ事を誰かに提供したくなる。

 

では、ゲームはどうか?
うちの息子は任天堂switchが大好きです。

ソフトも2つ持っています。1つは自分でお手伝いしたりして(プチ労働)自分でお金を貯めたんですよ)。
その2つのソフトを紹介を交えて何が凄いのかお伝えしますね。

・「ドラえもんのび太の牧場物語
息子はこのソフトで、四季折々の作物がある事。世話をしないと枯れてしまう事。動物だって同じく世話をしないと病気になっていなくなってしまう事。自分だって、夜は寝ないと倒れてしまう事等、多くの当たり前を学びました。


・「LEGO ジュラシックパーク
これは、時に戦ったりもあり、親の見せたくない分野かもしれません。
でも、我が子はこれをしながら物凄い沢山の恐竜を覚え、私の知らない「ジュラ紀、白亜紀」などの時代背景と共に、なぜ地球が誕生したかなども興味をもち、後に自分で調べるよになりました。


学びの入り口は沢山あります。
学校、塾、図鑑、親とのコミュニケーション、そしてYouTubeやゲームのデジタルコンテンツ。

学びたい事さえ見つかれば、学ぶ場は広がっていくでしょう。
辞書で学びだしたけど、塾にもいってみたくなったとか、YouTubeで存在を知ったけど、もっと深く辞典で読んでみたいとか。

そう思うと、最初の「興味をもつ入り口見つかるかどうか」って重要だと思いませんか?

沢山情報が溢れかえる時代で、人気塾以上に質の高いYouTuberも沢山いる。ゲームだって一方的ではなく誰かと繋がる事も出来るし、あらゆるタイプのソフトが出ている。
コミュニケーションに障がいがあり、集団に混ざりにくい子達が「ゲームで繋がれる」ってすごい時代だと思いませんか?

そんな時代に、紙と鉛筆で学び、授業も教師と椅子に座った子供達、教育の幅が広がっていないってどうかな?

YouTubeやゲームって、ときに依存しちゃだめなのかな?と思います。
勉強依存はOKなんでしょ?

 

sally
sally

最初にも書きましたが、日本人は、辛さを耐え抜いた先に学び取った物に価値があると考える風習が昔からありますが、違うと思います。楽しく、面白く、簡単に学んで得たもののって最高じゃないですか?と私は常々思っています。

それ以外では、余暇時間が大人より多い。
働き盛り、絶賛育児中や絶賛介護中の大人は、あまり時間がありません。
では、急に老後になり時間があれば何をしますか?
大人ってある程度、やりたい事を選べますよね。
子供達は、余暇時間が結構あります。
でも、大人の保護下にいる存在なので、出来る事に限りがある。
自由に使えるお金だって少ないし、行動範囲にも限りがある。

そんな時どうするか?
今手元にあり、楽しく無料で遊べるものに手が伸びてしまうのは人間らしい普通の行為です。

 

子供のYouTubeの見過ぎやゲームし過ぎも心配ですが、テレビばかり見ている老人も心配です。
独居老人や、家族と暮らしていても日中にする事がない高齢者などは、足が悪いから外に出ない。

外に出ると、お金を使ってしまうという人も多いので、一日中テレビの前で過ごしている人も多いです。

でも、テレビこそ一方通行で、脳がフリーズしていきます。
ネットに比べてルールも放送のルールも多いので、本当に意見も画一的。

私は、うちの親もYouTubeのみたりゲームしたりしたらどうかなって思います。
洋裁の得意な母親は、YouTuberという存在さえ理解すれば、自分にだって出来そうと思えるでしょう。YouTubeだって、四季折々の料理等、学びがいっぱいある。
父親も、ゲームをしてみればいいと思ったりしています…。
今のゲームは誰かと繋がったりできるし、テレビより明らかに考えることが出来るし、アドレナリンも出そうです。
時間を持て余しているという意味では、老人も子供も同じですよね。

では、依存や中毒の状態とはどんな状態なのか?

「デジタルコンテンツは凄い!」と、メリットばかり書きましたが、実際に依存や、中毒になってしまっている人もいます。

本来、我が子がデジタルコンテンツに夢中になる事を心配する人は、そういった事を回避したいからですよね。

親として当たり前の心配です。
では、依存や中毒になってるってどうやったら確認できるのでしょうか。

それは「本人がまともな判断が出来なくなっている事」です。
大人で例えます。

・明らかにお金がないのに、一発逆転できると思ってパチンコに行く人。
・これ以上吸うと、命関わると診断されていのに、たばこを吸う人。
・もう服は沢山あるし、それ以上服を買うお金はないのに、ファッションにお金をかけてしまう人。

周囲はみんな「そんなの良くない」と分かっているし、生活にも悪い影響を与えている。
それなのに、本人は「まだ、何とかなる」と思っている場合です。

・夜中までゲームがやめられず、翌日学校にいけない日が続くならアウト!
・YouTubeが見られないとイライラして、人格が変わってしまうならアウト!

この場合は、親が一方的に、原因を取り払うと火に油にもなりかねません。
あなたは、まともな判断が出来なくなっている」とかみ砕いて伝える必要があります。

 

まともな判断が出来なくなった結果、何が起こるのかも伝える必要があります。

・ゲームのやり過ぎて、昼夜が逆転すれば体が壊れる
・YouTubeの見過ぎで、親の返事すら面倒になってくると、家族でいられなくなる
・友達や勉強が原因ではなく、ゲームがやりたいあまり、学校に行きたくないと思うのなら心が壊れ始めている→最悪入院になる

でも、きっと、これは極論です。
ほとんどの子は、この状態にまで陥らない。
時代が変われば、常識が変わります。
常識が変われば、意識も変わります。勉強方法だって変わっていくべきです。
この状態になったごく僅かな子になる事を回避する為に、昔の時代の学習方法だけにすがり付くのは、どうかなと思ってしまいます。

 

まとめ

・現代のYouTube、ゲームはクオリティも高く、学びに繋がるものも沢山ある。
・依存になる前には兆候がある

子供に悪影響のあるものを排除する事に躍起になるのではなく、いつでも子供を明るく照らしてあげれるような存在になりたいな~と思っているsallyでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました