闘病日記!2度目の円錐切除術後【術後2か月経過】

こんにちは、sally です。

2度目の子宮頸部円錐切除術から2か月が経過しました。

子宮頸部円錐切除をしたけど、その後って、どんな感じなの?
デリケートな問題も不安。
ネットには手術の記述しか余り載ってないし…

こんな方の不安にお答えしていきたいと思います。

さっそく行ってみましょう。

子宮頸部円錐切除から2か月の術後の経過

現在の状態は良好です。

しかし、2か月間の間には色々ありました。
2か月前に受けた、二度目の円錐切除術はこちらから。


この2か月間で起こった事をまとめてみました。

  1. 2020年2月6日 AM9:30
    子宮頸部円錐切除術(二度目)を開始
  2. 2020年2月7日(翌日) 
    退院
  3. 2020年2月11日
    術後5日目から生理スタート
  4. 2020年2月14日
    生理3日目で多量出血を経験。すごく怖い経験で、その時の様子はこちらから。
  5. 2020年2月19日
    術後2週間で病理検査の結果を聞くために受診。その時の様子はこちらから。
  6. 2020年3月9日
    術後2回目の生理スタート
    術後2度目の生理開始まで術後の微量出血は続いていました。
    日増しに出血量は減っていきますが、おりものの量は結構多かったです。
    生理は通常通り5日で終了。
    その際に術後の微量出血も終わりましたが、おりもの過多はその後2週間程度つづき平常に戻りました。
  7. 2020年3月25日
    定期受診開始 PHV検査をする
    約1週間で郵送にて結果が届き、結果は【LSIL】軽い前がん病変の可能性あり😢

    この時に、おりもの過多であったことを医師に伝えると、術後なので仕方がないとの事。
    そして、今までと同じようにHPV(子宮頸がんの検査)定期的にスタートします。
    後日郵送で届いた、検査結果を開くと、子宮頸部はもうないのに…ウイルスはまだ残っています。
    ショックですが、検査を受け入れていくしかありません。
  8. 2020年4月3日
    術後3度目の生理開始   
    ここでようやく、精神的にもおちついて生理を迎え入れる事が出来たきがします。  

   

でも、術後2か月経過しても、未だにオリモノ量は多い気がします。
そして、なんだか匂いが「ツン」としたきつい感じがします。

医師に相談しても、内診してもらったけれど問題ないとの事でした。

「手術して切り取った後だからね~、どうしてもオリモノはふえちゃうかも」と言われました。

術後のメンタルの衰え

実は、上の図④の多量出血以降、メンタルが弱ってしまい通所の生活を送るのが怖くなってしまいました。
年齢的に、気付かぬうちに心も年を重ねていたのだと思います。

・動くのが怖くなった事。
・出かけるのが怖くなった事。
・このまま頑張ったら、メンタルがやられそうだった事。

既婚女性は役割が多い。
「主婦」「母親」「奥さん」「会社員」「上司」「部下」「一女性」「子ども」

   
あまりに沢山の人と関わっていかないといけないので、ストレスも多いです。
それに加えてやる事も多い。

だから、「まだ、大丈夫」「これくらい頑張れる」と思わない様に気を付けています。
気を付ける事で、過剰な頑張り過ぎを防ぐことが出来ます。

医師への質問のまとめ

術後の疑問を医師に質問しています。 ・多量出血について
・術後のおりものについて
・ヒトパピローマウイルスと免疫力について  

多量出血

多量出血が起こってしまったのは、想定範囲内だそうです。
例えばですが年間30人「子宮頸部円錐切除術」をしたら、その中の1~2人くらいは、私の様な多量出血が起こるとの事。
理由は切り取った部分にむけて、体が血管を作ろうと一気に血管を伸ばしていく事が原因だそうです。

術後のおりもの

術後のおりもの過多についても、上記と似たような現象で、仕方のない事だそうです。

ヒトパピローマウイルスと免疫力について

前から聞いてみたかったのでついでに聞いてみました。
ヒトパピローマウイルス陽性の女性は多いですよね。しかし、その後自然消滅する人が殆どです。

なぜ、私は2度もウイルスの攻撃にあい、その後もまだウイルスと戦わないといけないのでしょうか?免疫力の問題ですか??

と尋ねてみました。

はっきりとは言えないけれど、風邪とかを防ぐ免疫力とは違い、生まれ持ったDNAなどの免疫力と深くかかわっているので、風邪予防のための対策をして免疫力をあげたりしてもがん予防にはならないとの事でした。でも、風邪に対応できる強い体を作っておくことはいい事らしいですけどね。

と言うわけで、もうこれ以上手術しなくて済むように食事療法などもしていこうかな~と思っている私です。

今日はここまで。