引っ越しをしまくった主婦の片付けアドバイス

考え方

こんにちは!
社会人になって20年で引っ越しを10回以上重ねている、sallyです!

家の中にモノが溜まっていくってストレスですよね。
私は、積極的に必要ないものを手放すようにしてますが、それでもどんどん溜まっていきます。

片付けって、「物を手放していく事」です。


「これ手放していいの??」
「まだ使えるけど、取っておいたほうがいいのかも?でも要らないのかも??」

そんな悩みが発生するから、なかなか前に進まないんですよね。

子供が居たら尚更ですよね。

今日は、この20年で引っ越しを20回以上重ねた私がいつでも身軽に引っ越しできるかの様に「物を減らす、片づける」という情報をお伝えしていきたいと思います。

さっそく行ってみましょう。

主婦の片付けアドバイス

片付けの極意を知るには、自分がどれくらいのモノをため込んでいるのか知る必要があります。

その為に、こんな感じでで細分化していきたいと思います。

  • 不要な物が溜まっていく仕組み
  • 上手に断捨離する仕組み

不要なものが溜まっていく仕組み

不要なものが溜まっていくのには「仕組み」があります。

それは、自分にとって不要な物や、今自分が持っているものが把握できていないから。

「自分にとって不要な物や、今自分が持っているものが把握できていないから」更に新しいものを買ってモノが増えてしまう。

しかし、分かってはいても「自分にとって要、不要ってどうやって判断するのか」って、とても難しい判断に思えます。

でも、それはコツがあるです。
実は、固定概念を崩す事で簡単にできます。

固定概念を崩すとは「みんなが持っているものは自分も持っていて当然」だと思っているものを考え直す事です。

   
たとえば、トイレには便座マットが必要と考えていると買ってしまいますが、私は誰かが座ったトイレマットも苦手で、更にトイレマットの洗濯も苦手です。

トイレの便座マットなしで、こまめに掃除する方が私にとっては合理的。

そうやって一つずつ、自分にとって必要なものは何か、合理的な生き方はどうなのか、を考えて行かないと「自分の生活の本当に必要なもの」が何かが分からなくなるし、自分に必要のないものまで購入する羽目になります。

それは、結果として、無駄な物への投資とも言えます。

上手に断捨離する仕組み

とりあえず、これ以上不要なものを買わない為にも「断捨離」していきましょう。
「断捨離」と聞くと、「どんどん家のものを捨てる」と思ってしまいますが、本当の意味での断捨離はこちら。

  • 「断」=入ってくる不要なモノを断つ
  • 「捨」=不要なモノを捨てる
  • 「離」=モノへの執着から離れる

モノが増えたから捨てるのではなく、自分にとって必要なものを考え直すのが断捨離です。

散らかってきたら片づけるという事後対策ではなく、今ある不要なものに執着するのを辞めて、不要なものを手に入れない。そうする事で、シンプルに生きていけるというわけです。

でも、今まで家にあった物を捨てるって本当は難しいんですよね。
「捨てる」とは、ゴミ袋に入れるだけの行為なんですが、今まで当たり前に手元にあった物を捨てるにはそれなりに悩みます。

その裏付けの心理はこちら。

  • まだ使える
  • いつか使うかもしれない
  • 頂き物で申し訳ない
  • ほとんど使ってない
  • 新品

こうした欲が、物を捨てる行為をためらわせます。

さっそく、片付け(断捨離)をしていきましょう

ここまで飲み込めたらもう少しです。

この4ステップで、片付け(断捨離)を行いましょう。

  1. 出す
  2. 仕分ける
  3. 捨てる
  4. しまう

さっそく、深掘りしましょう。

①出す

・まず自分が何をもっているのか把握しましょう
・そのためには、面倒ですが、「押入れ」や「この棚」と言ったパーツ別に一度全部ものを出してみましょう

②仕分ける

・一度全部出したら、仕訳をしましょう。
・仕訳するものは大きく3つに分けます。

  1. 今使ってるもの
  2. もう使わないモノ
  3. 思い出深いもの

何処に分類して良いのか分からず、時間をかなり要するものは「不明」と言う箱を作って、とりあえず仕分けておきましょう。時間をおいて「不明の箱」も徐々に仕分けしていきましょう。

仕訳をしながら、今後も要るであろう玩具…について考えますよね。
買ってもすぐ飽きるし、でも無いと遊ぶものがない。子供は遊びが学びに直結しますもんね。

そんな方には、おもちゃのレンタルがある事も知って欲しいです。
>>>1日わずか、78円。おもちゃが期限なしで使い放題【キッズ・ラボラトリー】

こどもは、おもちゃもすぐ飽きるのに、捨てようとすると「ダメ」って言いますもんね。



③捨てる

もう使わないモノをスパッと捨てる説がよくありますが、欲深き主婦はリサイクルショップやメルカリに出せるなら出しましょう。

不要なものがお金に変わるなら有難いですよね。

   

パソコンやスマホのデジタル機器買取>>>デジタル機器の買取なら【Jan-gle】
不要おもちゃの出張買取はこちら>>>>宅配・出張・店舗買取!トイズキング!
不要服の買取はこちら>>>>>>>>>【古着宅配買取drop】

④しまう

①の「今使ってるもの」の収納場所を決め、分かりやすい様に見えるよにしまっていきましょう。
③の「思い出深いもの」は、箱を作ってしまったり、ディスプレイしたりするのもいいでしょう。

この4ステップを利用すれば、かなり生活がすっきるすると思います。
正直、今まで断捨離をしてこなかった人ほど、時間はかかると思いますが、その分片付けが終わった後の自分自身の心の晴れと言ったら最高ですよ!

まとめ

断捨離は、思い立った今、動きましょう。
人間と言うのは、年を重ねれば重ねる程「捨てる判断」も付きにくくなります。

私は10年かけて、本当にいろんなものを捨ててきましたが、後悔したものは今の所ありません。
断捨離を身につけて良かったなと思う事ばかりです。

そして、捨てる技術を習慣化させることで、不要なものを購入しない様になります。

時折ブログにもかいていますが、みんなが持っているものや、社会的に口コミ評価が高いものを「自分にも必要だ」と思い込んでしまうと、本当に無駄なお金、無駄な時間、無駄な環境を自分の手で作っていく事になります。

断捨離すると、部屋がすっきりして、失くしモノや探し物も減り、いい事尽くめです。
そして、無駄なものを買わない習慣まで身に付きます。

「生きていくのに必要な物」ってそんなに多くないです。
「今あるもので、豊かに暮らす」と言う意識がみにつくと、その考えこそ「豊そのもの」です。

お洒落なミニマリストや、見栄えのいい何もない生活を皆がする必要はないですが、不要なものをため込まないというのは誰にとっても損はありません。