【家事と付き合いが面倒な人必見】主婦が辞めれば幸せになる10の事

こんにちは、sallyです。

[voice icon=”https://triodiary.com/wp-content/uploads/2020/07/image-22-07-20-06-42-002.jpeg” alt=”virginia-icon1000″ name=”sally” type=”l icon_blue”]この記事を書いている私は、自閉症児2人を育てるシングルマザーです。

・小学校5年生の特別支援学校の女の子
・小学校3年生の特別支援学級の男の子。[/voice]

ひとり親をしていると、やってもやっても終わらない家事や、無駄な人づきあいが地味にストレスです。

今日の分はおわっても、また明日がやってくる…だから少しでもやるべき家事をへらしたい!

共感した人は、集合してくださーい!

sallyは専業主婦から、2人の自閉症児を連れてワーママに転身したので一気に時間に追われる羽目になり家事を見直そうと思ってリストアップしてみたんですよ。

で、考えた結果、当たり前の事ですが家事の量がって自分のキャパを超えているって再確認したんです。

「当たり前にやっている事を手放そう」と決めました。

で、手放した結果、生活に何も問題がなかったし、むしろハッピーになったので今日はそうした事をお伝えしていきたいと思います。

誰かの、お役に立てば幸いです。

※辞めて良かった家事5選、辞めて良かった生き方5選の計10選をお伝えしていきます!

辞めて良かった家事5選

もっと他にも減らせるものはあると思います!

あったら教えてください!

洗濯物をたたむ事

洗濯ってするのはスイッチひとつで簡単だけど、「干す→畳む」の肯定が、怠け者の私にはメチャクチャ面倒だったんですよ。

というわけで、洗濯物を畳む事を辞めました。

[aside type=”boader”]

  • 洗濯後ハンガーに干したら、乾くのを待ってそのままクローゼットへ!
  • 洋服選びもスムーズになった
  • 服を出したりしまったりしても、たたむ作業がないので時間もかからない
[/aside]

実際に数年畳む生活を辞めていますが、服って畳むのが下手な私は常に変なしわができていたんですよね。

ハンガーにかけて干しそのままクローゼットへ入れるようになってからは、余計なシワができることもなくたたんで収納するよりもキレイな状態をキープしています。

手の込んだ料理をやめた

・手の込んだ朝食を辞めた
「目玉焼きかスクランブルエッグ」「トーストかおにぎり」「フルーツ、ヨーグルト、残った生野菜サラダ」のいずれかから、その日にあるものをチョイス式にしたら作る手間暇の時間が減り、ストレスが激減した。

・夜ご飯も一汁三菜主義を辞めた
白米に雑穀米を混ぜて栄養を整えたり、みそ汁に具をたくさん入れておかずを1品目にする等で十分でした。

「週1はカレーやハヤシライス」だし、「丼物にする日」「総菜や冷食を取り入れる日も作る」

子供が間食できるようになったし、食費も減りました。

掃除機がけをやめた

掃除機なんて、自分でかけるの辞めましょう。

なんせ、子供がいる時に掃除するのって大変じゃないですか…家に誰もいない時に掃除して貰って帰ったらきれいな状態って最高ですよ、本当。
機械に任せれる家事は任せていきましょう。


少し値段は張りますが、人生の時間は有限です。

家のマット類やシンクの必需品をやめた

どんどんいきますよ~

[box class=”blue_box” title=”マットやめました”]
  • マットの洗濯しなくてよくなる
  • べたべたして乾きにくいマットを洗うなら、床をこまめの拭く方が楽
  • 無くても全然困らない
  • トイレ掃除も楽
[/box] [box class=”blue_box” title=”キッチンシンクも要らないものは辞めましょう”]
  • 三角コーナー不要
  • 三角コーナーがなければ、場所も取らず匂いの原因にもならない
  • 三角コーナー自体の洗浄も不要になる
  • 洗い桶もずっと使ってませんが不要です
[/box]

年末の大掃除をやめた

掃除自体はそんなに嫌いではないんですが、年末の大掃除が嫌いです。

なぜなら、寒いのが苦手で「どうしてこんな寒い時期に大掃除をしないといけないの??」と常々疑問に思っていました。

寒い時期に、冷たい水を使って掃除をするのって辛くないですか?(おしん??古い??)

大掃除をしなくてもすむように、日頃から汚れに気付いたらコツコツとお掃除する習慣を身につけておいた方が何倍もいいし、その掃除自体を簡素化すればさらにいいですよね。

辞めて良かった生き方5選

生き方を変えるというよりは、風習に従わないといったところでしょうか…。

でも、本当にこれを手放すだけで相当生きやすくなる。

私は、手放すのにかなり歳月を重ねてしまったので、時間が勿体なかったなあと思っています。

周囲の目を気にするのを辞める

周囲の目を気にするのを辞めたら、悩みがもう本当に激減しました。

どんだけ、周囲をきにしていたんだよって話ですが、気にしてるつもりはなくても自然時にしている場合が多いみたいだと今回の辞めるを実施したらわかりました。

「ああ、どうしようかな~」「心配だな~」って悩みって、生きていれば無限に湧いて出てきます。

もう要らないのに~と思いつつ、その心配事や悩みの多くは心配ごとそのものより「周囲の目が気になる事」にあったみたいで、今は悩み無き日の方が格段に増えました。

そもそも、心配していたほとんどの事が実際には起こらないし、どーでもいい事だったという事です。

ネガティブな言葉の使用を辞める

ネガティブな言葉を使っていると、だんだんネガティブの根が深くなっていきます!

そして、ネガティブな人が寄り集まってきます、

辞めよう辞めよう…そして、そのネガティブな事を考えている時間めっちゃもったいないですよ、本当…。

依存を辞める

依存なんてしてないと思っていても、普通にしているものでした💦

[aside type=”boader”] 「会社への依存」→会社が自分の事を守ってくれるはず
「国への依存」→最後には国が自分を守ってくれるはず
「家族への依存」→最後には親が、最後には家族が自分をまもってくれるはず
[/aside]

最後には、こうした誰かが守ってくれると思っていると、期待を少しでも裏切るようなレールを走りだされたときに「なんで、そっちに行くの?!」と愚痴や心配が増えてイライラしてしまうものです。

だから、自分の身は自分で守れるようにしようと思いだしてからは、そっちの道を進む人生に自分自身を方向転換させる必要があります。

もちろん、そちらでのストレスもありますがワクワクも伴います。

だから、誰かや何かに依存しながら生きるよりは、自分の道も作っておいた方がこれからの時代は生きやすそうです。

過去への執着

忘れたい過去って本当に、脳みその邪魔をしてきますよね。

[aside type=”boader”]

  • あの時意地悪された
  • あの時、あれだけ尽くした
  • あの人に貸しがあるから返してもらいたい
[/aside]

忘れよう、忘れよう。

悔しい思いがあるからこそ、忘れるのは少し難しいかもしれませんが、執着ほど無駄な時間はない~という事で、違う事をして忘れる時間を作るように努めてからは眉間のしわも減ってる気がします。

独り占め

ブログやTwitterを始めたり、自閉症育児をしていて気づいたんです。

自分が得した事や、出し惜しみしてしまうようなお得情報も思い切って共有する。

    • いい事があったらお裾分け
    • ちょっと、出し惜しみしたいけどお裾分け
    • 秘密にしておきたい、お得情報もお裾分け

そうする事で、信用が蓄積していくんですよね。

ホリエモンこと堀江さんも自叙伝「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」で書かれていましたが、

これからの時代を生きるあなたには、「お金」ではなく、自らの「信用」に投資することが求められている。ほんとうに困ったとき、人生の崖っぷちに追い込まれたとき、失敗してゼロに戻ったとき、あなたを救ってくれるのはお金ではなく、信用なのだ。

堀江貴文:ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

確かになあと思っていて、自分の行く道である介護にしても、うちの自閉っ子達が進む「福祉」でも必要なのは資金ではなくて誰かの助けの手なんですよね。

それってかなりの「信用」が必要だよな~と思っているんです。

あればいいのですが、今はそんなに信用など必要としてなくても、ひとり占めせずに手を差し伸べるという行為を繰り返していると心が開放的になりました。

そうすると、上述した4つの事も実施しやすくなるんですよ。

sally的なまとめ~

いや、本当に人生は一度きりだし、不要な事で時間をすりへらしている暇はない。

ポジティブでいたいと思いつつ、ネガティブな思考で脳みそを支配している事ほど無駄な時間はないなあとおもっているんですよ。

とはいえ、生きていればそれなりにストレスはあります。

だからこそ、当たり前だとされていた家事や風習、そして考え方までも一度考え直してみるのも大事だと思います。

今日は、ここまで~