離婚後でも、素敵な生き方をしている女性の特徴5選

考え方

  

こんにちは、sallyです!

  

私が離婚してから数年が経過しました。

   

離婚後ってガラッと価値観や考え方、生き方が変わりますよね。
そして、今まで気が付かなかった人の生き方が、とても強く素敵に思えたりします。

   

とくに、私が離婚するまでにアドバイスを熱心にくれて、離婚するまでの道のりを支えてくれた「既に離婚している女性達」の何人かは、辛かった離婚の経験を自分の強みにしています。

   

その経験を踏まえて、強く優しく素敵に生きている人が多い。

   

今回は、その中でも素敵な生き方だな~と思う人の特徴をまとめてみました。
ここで言う素敵というのは、美人とかスタイルが良いとかではありません。

  • いつも楽しそうだから、笑顔も素敵
  • きっと、育児や孤独や疲労で大変なんだけど疲れて見えない
  • 普通に「この人凄い」と思える人

   

こんな人たちを、個人的にまとめさせてもらいました。

   

離婚って、結婚以上に心身ともに消耗しましたよね。
だからこそ、残りの人生をもっと楽しんで素敵に生きる為に、素敵に生きている先人の女性たちに焦点を当てていきたいと思います。

離婚後でも、素敵な生き方をしている女性の特徴5選

離婚後、離婚直後の自分自身から見た素敵に生きている人たちの特徴がこちら。

  • 生き方がシンプル
  • 自己決定できる
  • 学ぶ事を辞めない
  • 自分に嘘をつかない
  • 自分の人生に責任を持っている

   

さっそく深掘りしていきましょう。

生き方がシンプル

ひとつめの特徴は、生き方がシンプルです。
生き方がシンプルとはどういう事でしょうか。

   

今の日本では、やりたいと思った事や好きな事をするのに、色々理由が必要です。
時間がない、子供が、介護が、世間体が、お金が…。

   

自分がやりたい事をやるまでに色々理由を述べて、そうした理由を一つずつ払拭していかないといけない。

   

素敵な人は、この遠回りな払拭作業がすっ飛ばされているんです。
「好きだから」「やってみたいから」「楽しみたい」「人生は短いから」と直感で気付いていて、シンプルな理由で行動を起こします。

   

だから突然、引っ越しする。
突然、再婚突然したり、突然すごい趣味を始める。中には移住したりする人もいる。
突拍子もない事の様に聞こえますが、これはシンプルだからなせる事です。

   

シンプルな人は、どんな事にも軽やかに対応できます。

   

シンプルだからこそ、変化を受け入れる柔軟性が備わっています。
それに、そうしたシンプルチャレンジを沢山こなしていくうちに、突然起こる困難や災難にも上手く対応できるようになっていて、あまり動じない強いしなやかさを兼ね備えています。

自己決定できる

大事な事は自分で決めます。
「誰だって、大事な事は自分できめるよ!」と言われそうですが、実はそうじゃないんです。

   

実は自分で選んでいる様で、周りの影響で決めている事が沢山あります。
そんな、人生を左右し尚且つコストが高い代表例がこちら。

  • 習い事
  • 大学
  • 就職
  • 結婚

   

習い事をしないと立派になれないから、大学は○○は就職に有利、一流企業だから大丈夫、結婚すれば親を安心させれる。

   

こういった理由は、本当は世間体や固定概念が邪魔をしている可能性があります。

   

「良い学歴を残すためではなく、この習い事がしたい」
「この大学にいって学びたい何かがある」
「大きなブランド力を持つ企業名より、小さな会社でもいいから自分のチャレンジしたい事や学びたい事がある」
「結婚の制度が無くても、その人と人生を共にしたいかどうか」

   

じつは、そうした強い意志で、物事を決めている人って、今の日本では少ないんじゃないかな~って思います。

だって「何処で働いてるの?」と聞く事はあっても、「どんな仕事をしているの?」って興味を持って聞く人って現にすくないじゃないですか。

   

職場や大学の「名」ばかりを気にしてて、その人が何を頑張っているのか、何に取り組んでいるのかは気にしない文化や風潮って、自然に染みついた世間体ではないでしょうか。

    

自分の人生の大事な事を、世の中の風潮で決めてしまっては、自分の人生を放棄しているのと同じ。
だから、こんな風潮の中でも、自分で決めた納得のいく人生を送っている人たちが魅力的に見えるのです。

学ぶ事を辞めない

私はこれを、すごくリスペクトしています。

   

個人的な話になってしまいますが、結婚当時30歳だった私は専業主婦になります。
好奇心旺盛だった私は、まだまだやりたい事や始めてみたい事、その為の学びを沢山したかったんです。

   

でも、当時の夫に言われたのは「もう主婦だし、子供産んで育児始めるわけだし、なんか頑張っても精算性がない(意味がない)」と言われたんです。

   

ショックでした。

   

でも、離婚を経験して思います。
「もう遅い」は言い訳。

   

趣味と勉強は何歳になっても始められる。
そして、好きな事に挑んでいるその気力は、とてもエネルギッシュで、若さまで取り戻している。

  

だから、何かを学ぼうとしている女性はとても、若々しく知的に見えます!
そして、学んでいる分情報収集も上手く、生き方が上手な方がとても多いです。

   

自分の持っている情報を惜しみなく提供してくれている女性たちに、私は感謝の気持ちでいっぱいです。

自分に嘘をつかない

自分に嘘をつかないって、正直に生きる事。
正直に生きるって、簡単なようで、これも少し難しい。

   

「私はこれが好きだ」と正直に宣言する事は、何かを犠牲にしていかないといけません。
そうすると、周りからくる批判も気にしないという力も必要になってきます。

   

全員に良い人でいようと思えば、意見の違う人と張り合う必要がないし、その時は楽かもしれません。
でも、それを繰り返すうちに、自分の心に嘘をついてまで、他人に合わせている自分が嫌になります。

    

自分の心に嘘をついている人と、そうでない人は年齢を重ねた時に魅力の差となって現れる。

   

正直で生きる積み重ねをしていると、正しく年を重ねる事が出来る。
正しく年を重ねていれば、年齢を重ねれば重ねる程、自然と魅力的になるのだと思います。

   

若さだけが女性の魅力という男性の目線に合わせていては、あまりにも「女性の魅力の期限」がみじかすぎるとおもいませんか??

自分の人生に責任を持っている

自分の人生に責任を持つってどういう事でしょうか。
私は、こんな人だと思っています。

  • 失敗した時に全て自分に返ってくる事をきちんと受け止めれる事。
  • 最終的な判断は自分がしたので、人のせいにはしない事。

   

だから逆に言えば、大事な決め事を人にゆだねるというのは、失敗しても自分のせいではないと思い、最終的な判断は自分で決めていないので人のせいにしてしまう。

   

自分の人生に責任を持たないというのは「無責任すぎる」と思えます。

   

だから、何かをチャレンジする前や何かを決定する前に、自分で決めるという事はとても大事な事ですよね。

   

でも、その大事な行為を「人に迷惑をかけてしまうかもしれない」「私さえ我慢すれば」と諦めてしまう行為の方が美徳にすり替えられてしまう風潮があるなんて、ちょっとおかしいなと思ってしまいます。

   

自分の人生に責任を持っている人は「自分の人生は一度きりだからと、好き放題しているように見えて、他人の人生だって一度きりなのだからその人が喜ぶように生きる事を尊重」してくれています。

   

なぜなら、責任を持つことの大変さを知っているから。

まとめ

私が、離婚後に出会った「離婚経験済みの素敵に生きる女性達」の特徴をまとめてみました。

   

もちろん、夫婦円満で結婚生活を続けていけるのならそれが一番いいと思います。
でも、離婚したからといって全てがダメになるのではなく、離婚という遠回りをしたけれど、それを経験として自分を高めていくって素敵だな~と思っています。

   

個人的に1番目の「生き方がシンプル」という人は、離婚関係なく私の目指すところでもあります。
強いようでいて、柔軟で、誰かが困っていたら手を差し伸べてくれる温かさのある女性。

   

こんな人が周りにいて、刺激的!

今日はここまで!