【障がい児、自閉症児】小学生の女の子、ムダ毛の脱毛~その2~

娘の成長

こんにちは、sally です。

 

自閉症児の娘(小学生)のムダ毛問題に悩んだ末、将来的な事も考えて自宅用の永久脱毛をする事に決めました。

ここまでの経緯についてはこちらで触れています。

   

実際にデリケートな問題なので書こうか迷いましたが、いずれ小学生の女の子ママや障がいのある女の子ママが悩む道だと思うので、誰かの役に立てればと思って記事にしていこうと思います。

    

◎今回<~その2~>の内容

   

障がいのある女の子も、そうでない女の子も、かわいくありたいと思うのは普通の事です。
どんな女の子も、可愛らしく素敵に生きる事を諦めないで欲しいと思い、今回は我が家の事情をお話していこうと思います。

我が家が選んだ家庭用脱毛器の最終選考3点

最終的に気になったのがこちらの3点


この3点です。さっそく解説していきましょう。

なぜ、この3点に絞られたのか?

それは、外せないポイントをクリアしていたからです。
その外せないポイントとは何か?

  1. 痛みがない事
  2. 値段が標準である事
  3. 確実にぬけること(口コミ重要)
  4. 全身使える事
  5. 簡単である事

このあたりを解説していきます。

その1:痛みがない事

今回の脱毛は自閉症の小学生の娘がメインなので、施術が行いやすい事が前提条件です。

前回のブログで調べたようにレーザー脱毛は、脱毛効果はかなりあるが、時間がかかる事と痛みが多い事で却下しました。

というわけで、光脱毛の中から選んでいく事にしました。

その2:値段が標準である事

Amazonや楽天のランキングを見ていると、大手で人気の上位ランキングはだいたい6万~9万までだったので、出来ればこの範囲で押さえたい!

その3:確実に抜ける事

当たり前ですよね。
購入したけど、効果なかったなんて最悪。

Amazonや楽天の口コミも参考にしましたが、購入特典が欲しいだけの口コミだったり、今や「口コミを受ける業者」まで世の中には存在するので50%くらいの信頼度で読みました。

そして、YouTuberの口コミも何人か参考にしました。
YouTuberは結果までも見せてくれる人がいるので、サイトレビューよりは信じています。

その4:全身に使える事

照射力の強いものは、顔やデリケートゾーン(VIO)には使えません。
でも、照射力の弱いものは嫌だ!という事で、レベル設定が大幅に変えれるものを選んでいきました。

その5:簡単に行えること

家庭用脱毛器はお手頃だと言っても、結構な程に取り沙汰されない問題があるようです。

  • 照射時間の長さ
  • ジェルを塗る有無
  • 照射後の冷却(保冷剤等使用)

これらも出来れば、端折りたい。
最低でも、照射後の冷却は避けたいという思いがありました。

比較してみましょう。

 ケノンブラウン脱毛ラボ
傷み傷みなしの口コミ多い強さによって若干ある様子痛みほとんどなしの口コミ多い
値段保障期間長い
キャンペーンあり
90日間の
クーリングオフや返金制度あり
安くできるキャンペーンあり
口コミ(主にYouTube)   口コミ◎    口コミ◎    口コミ◎
全身    ◎    ◎     ◎
簡単   冷却作業要   冷却作業要  冷却作業不要

そんなに差がないかな~と思うので、HPや口コミをよく見て決めていくといいと思います。
あとは、重さとか保証期間などが若干違ったりするのでそういったところも自分の需要と比較していくといいと思います。

我が家の選んだ【脱毛ラボ・ホームエディション

その中で私が選んだのが、

Datsumo Labo Home Edition

もちろん、上記3つはそんなに大差ないのですが、一番の決め手は「冷却不要」な事です。

自閉症児は色んな事に敏感です。
光った後のデリケートな部分の冷却を不快に思うだろうな~と長年の母の感で何となくわかっていたからです。

事前に避けれるものは避けていきたい、そんな母の気持ちです。

では早速、「Datsumo Labo Home Edition 」を選んだ理由をもっと深掘りしていきましょう。

1台で30万発の照射

これは全身300回分に当たります。正直女性3人で使いまわせるレベル。

「カートリッジ交換不可の使い捨てタイプ」ですが、正直これなら、カートリッジ交換必要ないな~とおもいました。

連射モードがある

他社のは、「パチ」っと照射したら一度離して時間を置いたりしないといけないのですが、こちらは連射モードがあるので全身15分で終われるというのは、自閉症児にもってこいだな!と思いました。

冷却機能付で痛み軽減

脱毛ラボ・ホームエディション光脱毛(フラッシュ式)です。
肌に光を照射して毛根のメラニン色素に反応して毛を焼いて脱毛をします。

エステで脱毛経験がある方なら分かると思いますが、照射して「パチ!」っと音がした後に、すぐアイスノンみたいなもので、冷やされますよね。あれがめっちゃ冷たい。

あれは、照射の際に、熱が発生するため、保冷剤などによる冷却が必要だからです。

しかし、脱毛ラボ・ホームエディションは冷却機能が搭載されているため、脱毛をしながら同時に冷却できるという独自のメリットを持ち合わせています。

これなら、手間も省けるし、子供も怖くないですよね。

パワーの5段階調整【最大サロンと同じパワー出力】

照射パワーの5段階調節があるので、デリケートな顔やVIOにも使用できるそう。
家庭用は出力弱めが主流なのに対し、最大のパワーではサロンと同じ出力だそう!

すごい!

使うかはわかりませんが、全身に対応できる方がいいな~と思っています。

しかも、公式ホームページによると、どのレベルで照射しても美肌効果が得れるとか!
「しみ、しわ、目の下のクマ」に対応できるらしいです。

私も使いたい!

安い!

64,980円(税別)と安い買い物ではありませんが、全身をエステで脱毛しようと思えば数十万円かかるのが普通だと思うと、まあまあかな~と思いました。

それに、他の人気の家庭用脱毛器と比べても平均的な値段でした。

自閉症児を毎回カミソリでケアしてあげるのも限界がありそうですし。

それを思うと、全身でこの値段ってそんなに高くない気もします。
12980円相当のプレゼントバックもあるし、ポイントも溜まります。

公式ホームページから、Amazon Payを通して購入もできるので、そこでもポイントがたまります。

月々2,708円の24回クレジット払いも可能です。
しかも1年間の無償交換ありだったことも大きな決定打でした。

口コミ

口コミが心配でした。

楽天の口コミレビューは「ポイント」が欲しくて書かれたものが多く、まだ使ってもないけれど到着の速さや安さを評価したものが多いし、Amazonの口コミは最近業者によるものが多いとみみにしていたのでYouTuberの実況アナウンスを頼りにしました。

「効果はある」って人が多かった事が決めてです。
それ以外で気になったのがこちら。

  • どのレベルで打っても「美肌エステ効果」が得られる!
  • 目で見て分かる「カウントディスプレイ」がいい。
  • ボタン2つで操作で着て使いやすい
  • 軽いから腕が疲れない(超軽量277g)

等がありました。

特典が凄い!

特典が凄いんです。

  • レンタルがある!
    中古品のレンタル4980円~、新品レンタル5980円~のレンタルがある事。そして貰う事も出来ます。
  • 最大50%オフになるサービスがある
    脱毛サロンの会員証や、他メーカーの脱毛器から乗り換えする事で最大50%オフになるんです。
  • いつまで続くのか、継続になるのかはわかりませんが12,890相当のプレゼントがある事やポイントバックもあります。

すごいですよね!?

特にレンタルって凄くないですか??これって自信があるから出来る事なのかな~と思っています。

Datsumo Labo Home Edition

まとめ

個人的には、家庭用光脱毛器は「使い続けられる」ことが重要だと思っています。
高価な物なのに、使わずに押し入れで眠っているなんて事ありそうなんですが、今回は娘の事なのでちゃんと検証して購入に至りました。

Datsumo Labo Home Edition

・痛みを感しない
・分かりやすい簡単操作
・冷却やジェルなど面倒な事一切なし
・安く買える(レンタルも出来る)
・YouTuberお墨付き

と、なんだか信頼できそうだったので購入にいたりました。

もうすぐ、届くはずです!
近いうちに【障がい児、自閉症児】小学生の女の子、ムダ毛の脱毛~その3~として、記事にしていきたいと思います。

今日はここまで!