【障がい児、自閉症児】小学生の女の子、ムダ毛の脱毛~その3~

娘の成長

こんにちは、sally です。

~自閉症児の娘(小学生)の、成長にともなうムダ毛の手入れについて~

将来的な事も考えて、自宅用の永久脱毛する事にきめ、シリーズ化して記録しています。
今回は~その3~をお伝えしします。

  

◎この記事の内容

  • 業務用パワーを実現した脱毛器!「Datsumo Labo Home Edition」が届いた
  • その中身は?
  • とりあえず母が体験してみる

3分程度で読めるので、確認していきましょう。

「脱毛ラボホームエディション」が届いた

GW中で緊急事態宣言が出ている中で、わずか3日で「脱毛ラボホームエディション」が届きました。

開けてみると、中身はこんな感じ。

  • 本品の箱
  • 配送資料
  • 脱毛ラボの全身脱毛17か月無料チケットがついていました。

  

うまく自宅で脱毛ができれば、このチケットは要らない気もしますが…
上手くいかなかった場合の保険的な安心チケットなのでしょうか??

で、本品の箱を開けてみるとこんな感じ。

  • 本体
  • 電源ケーブル
  • 取り扱い説明書
  • お手入れ方法ガイド
  • ゴーグル  

ゲーブル類が多いわけでもないし、本体のボタンも多くない(2つのみ)。
なんか、簡単そうですね。

とりあえず、母が体験してみる

とりあえず、娘の前に母が体験してみます。

脱毛ラボのうたい文句がこちらでした。

家庭用光脱毛器は【使い続けられる】ことが重要で

・痛みを感じる照射
・分かりにくい操作
・冷却など面倒な準備

など続けられない理由をなくしました。

こういった部分と比較しながら、体験していきたいと思います。

まず本体むかって右横にある「power」ボタンを押して電源を入れます。

電源がはいると起動した事は「ぶおーん」と音がするので、すぐわかると思います。
本体正面の「ショットボタン」上に、液晶文字が浮かび上がります。


電源を入れると、冷却開始を伝える「雪印」のマークと、ショットの強さを表す「レベル」が出てきます。 

動画の方が分かり易いと思うので、動画で簡単に説明します。

   

そのすぐ下には(ショットボタンのすぐ上)には「残ショット数」がでてきます。
しかし、1台で30万発の照射なので、「残ショット数」は気にしなくても大丈夫だと思います。

   

簡単に計算しても、全身300回分に当たります。
正直女性3人で使いまわせるレベル。

  

さっそく、脱毛ラボのうたい文句と照らしあ合わせて比較していきましょう。

痛みを感じる照射はあるのか?

まず、痛みはほとんどありません。
若干「あったかいな~」という感じ。

レベル設定もあると思いますが、一番強いレベルで行っても、普通に手足の体毛であれば「チク」っとする感じはありませんでした。

分かりにくい操作はあるのか?

ありません。
めちゃくちゃ簡単なんですよ!

しかし、多分私が40代というのもあると思いますが、ボタン二つしかないのにも関わらず、最初レベル設定がよくわかずあたふたしました。  

私程、鈍い人はいないとおもいますが、ボタンは二つしかありません。

  • 電源ボタン→電源を入れる事が可能。電源起動後、複数回押すとレベル変更できる。
  • ショットボタン→皮膚にあてた時にショット(脱毛)出来る。

と簡単です。  

この部分は、この記事のすこし前で動画で説明していますので参考にしてください。

冷却など面倒な準備は必要なのか?

サロンで脱毛したことある人や、他の家庭用脱毛器を利用した事があるなら分かると思います。
脱毛後に、保冷剤を使用して冷却が必要ですよね。

あの手間がありません。


私が、業務用パワーを実現した脱毛器!「脱毛ラボホームエディション」を選んだ理由でもあります。(冷却や事前のジェルの手間があったら自閉症の娘は出来なかったと思う…)

   

こちらが照射面ですが、こちらの中央のオレンジの部分が光線が出るので脱毛照射できる部分です。
その周りのシルバーの部分が冷却部になっていて、照射後すぐに皮膚を自動で冷却してくれます。

その他

サイズ

サイズ感を、ペンと比較してみました。


数ある脱毛器の中でも小さいと思います。  

でも、この小さいサイズでも女性の片手で自分の脱毛を行おうと思うと大変なんですよ。
誰かの脱毛を行うのならいいとおもいますが、自分で自分の脱毛を行うならこのサイズが限界かな~と思いました。

サングラス

サングラスもついているんですが、正直このサングラスを付けると周りが見えなさすぎる…。

暗すぎて、歩くの事が出来ないくらい。

      

光を、直接見なければサングラスなしでも余裕です。
直接見ながら行うのなら、市販のサングラスでも眩しさは軽減出来ました。
しかし、私はかけていません。

   

というわけで、めちゃくちゃ簡単に脱毛が出来ます。

注意:連射モードで全身15分とホームページには書かれています。

でも、まだ不慣れな事と、連射モードになれていない事から、大人のひざ下片足だったら5分程度といったところでしょうか。

慣れが必要だな~とおもいましたが、簡単な事は間違いないですよ。

期間

「どれくらいの期間で脱毛が完了するのか?」気になる所ですよね。

こちらは、本当に本体に付属されていた「お手入れガイド」の中身です。

   

毛の周期のサイクルから考えると、最初の3か月は2週間に1度行う事で、かなりの毛量減。
3か月経過したのちは、1か月に一度~2か月に一度と、ペースが緩やかになる様です。

今なら、夏に間に合いそうですね!

   

じっさいに、私も脱毛サロンに通った時は3か月で、ほとんどの毛がなくなりました。
その後は、ゆるーく通った感じ。

ゆるーく通いながら、途中でめんどくさくなってやめてしまったので、今回はそういった残りの体毛を私も自分で脱毛してみようかなと思っています。

脱毛以外の魅惑の機能が付いている

じつは、脱毛以外の魅力あります。

最初にレベルが全部で5段階あるとおつたえしましたが、ここに秘密があります。
一番弱いレベル1に設定すれば「美肌」モードに設定できます。

こうした機能が、脱毛以外で魅力的だな~と思っています。

ちなみにレベル1の美肌モードで出来る事がこちら。

  • 小鼻の毛穴(いちご鼻)の改善
  • 毛穴の黒ずみの撃退に効果
  • おでこ、こめかみ、小鼻、もみあげ、口まわりの脱毛

顔のエステサロンでは出来ない部分の脱毛も可能(産毛のないメイクノリばっちりの顔へ)

勿論デリケートな部分なので、ちゃんと指示書に従ってください。

ちなみに、レベル5の「超力脱毛モード」はサロンと同じ出力なので、脱毛サロンで行っているのと同じパワーで脱毛する事が可能です。

期待大ですよね

まとめ

というわけで、今回は到着から母の実態実験までをご報告しました。

自分で体験してみた結論

  • 痛くない
  • 操作が簡単(本当に!)
  • コンパクトで重くないので、難しくない
  • 冷却剤や保冷剤が不要なので、面倒な準備が要らない
  • 早く終わる
  • サロンと同じ出力で脱毛
  • 顔の毛穴などに対する美肌機能も使える

もちろん、追って結果も報告していきますが、初回でかなりの手ごたえありです。
次の記事では、娘の体験を記事にしていきたいと思います。

業務用パワーを実現した脱毛器!「脱毛ラボホームエディション」」は、本体自体は64,980円(税別)と、安い買い物ではないですが、エステサロンで一人1か所数万円かかる事を考えると、めちゃくちゃお得ですよね。

それに、親子で全身使えちゃいます。

おすすめの購入方法ですが「楽天」や「アマゾン」のサイトより公式ホームページがおすすめです。

理由はこちら。

  • 特典が多い(その都度変るので要チェック)
  • 在庫があるので早く届く
  • キャッシュバックが大きい
  • 公式ホームページからかっても、Amazonのポイントが付く

今日は、ここまでです!
次回は娘の体験記も載せていこうと思います。

予約や通い、サロンでの待ち時間、コストの事をかんがえると自宅脱毛最高でした!
興味のある方はこちらから>>>業務用パワーを実現した脱毛器!「脱毛ラボホームエディション」