自閉症の睡眠障害の子を、安定して寝かせる対策/方法

子供達の事

こんにちは、sally です

自閉症の子ども達2人と暮らしています。

・特別支援学校に通う小学5年生の自閉症の女の子
・特別支援学級に通う小学3年生の自閉症スペクトラムの男の子

娘の方が、小さなころからずっと睡眠障害を抱えています。

・自閉症の子が寝ない
・夜中に起きる
・夜中に起きてうるさい
・寝るのにかなりの時間がかかる

こうした悩みを抱える方は集合してください。

実は、私も子供の睡眠障害にはかなり悩まされて、物凄いストレスと疲労を感じていましたが、ものすごく改善してきました。

なぜなら、あの手この手で医師とタッグを組み、やってきたからです。

この記事でわかる事
  • 夜中に起きてしまう子/寝つきの悪い子への対処法
  • 対策グッズや、対処法の具体的な説明
  • 睡眠障害を抱える子の10年

さっそく、解説していきます。
誰かのお役に立てれば幸いです。

自閉症の睡眠障害の子を、安定して寝かせる対策/方法

睡眠障害と一括りにしても、幼児~大人までと幅広いです。

この記事では、娘の2歳頃~11歳手前までの対策を紹介します。
あくまでも予想ですが、大人になっても通用する内容だと思っています。

睡眠障害の子への対策
  • 肉体的に疲れさせる
  • 環境を整える
  • ヘッドホン、イヤホンを親が利用する

上記4点を中心に、説明していきます。

肉体的に疲れさせる

まず、日中に疲れさせましょう。

え?そんな事?
既によくやってるし!

わかってはいますが、常に意識しましょう。
今日はまだ体力がありそうと思えば、散歩に行ったり隙間時間もかつようしましょう。

体を動かすと、母子ともにストレスの発散にも繋がるので一石二鳥です。

習慣化する事で、夜に休むというサイクルを作り上げましょう。
親だけで完結できる問題ではないので、周囲の協力も必要です。

下記は実際に、私が周囲に関わって貰った具体例です。

  • 幼稚園では昼寝を辞めてもらう→加配の職員と別室で絵をかいたり遊んだりしてもらう
  • 小児デイサービスでも同様
  • 小学校にあがっても症状をきちんと把握してもらう
  • 放課後デイサービスにも理由を伝え、小学校からの移動の際にも車内で寝ない事などを注意してもらう

親が我が子の昼寝を禁止するなんて、きびしすぎるように聞こえます。
ここは、積極的に周囲に協力してもらいましょう。

夜中に起床が続けば、本人も本当は辛いし、家族だって倒れしてまったら意味がないからです。


療法士などの専門職のいる支援事業所などは、肉体的に体をつかった作業療法などを取り入れてくれますよ。

その為にも、まず伝えないと始まりません!

そして、家でも注意を払っていた事があります。

  • 幼稚園後や、夕食後に散歩する。
  • あまり早く寝せない(だいたい20時~21時と、水準とされているサイクルに合わせる)

ただ、親の就労状況にもよりますので、可能な範囲で大丈夫ですよ。

環境を整える

例え夜中に起きても「遊ばせない!」「本人の好きにさせない!」事を心がけています。

もう!好きにしなさい!

…と、諦めて遊ばせた事は私は一度もありません。

部屋の電気はつけさせないし、DVDを見せる事もしない、遊ばせる事もしません。

パニックになった時に、別室や外で落ち着かせることはありました(警察に職質された事も…)。
しかし、夜は寝る時間だと分からせる事は、これからの本人の人生にも、家族の生活サイクルの為にも大事だと判断したからです。

なので、たとえ起きていたとしても、寝室の布団ので寝るように促していました。
喋ったり歌ったりしたときは「寝る時間」「おやすみ」と落ち着いた声で短く伝えています。

6年続けた甲斐があり、効果は出ています。

ヘッドフォン・イヤホンを親が利用する

2行程上に【喋ったり歌ったりしたときは「寝る時間」と落ち着いた声で短く伝えています】と書きましたが、本当はこっちだって、眠いですよね。

眠いし、横でぶつくさ言われたらイライラしますよね。
「寝る時間だよ」って、数時間に渡って言い続けるのストレスですよね。

そんな時はヘッドフォンやイヤホンを利用して、何かを聞きましょう。
音楽でも、YouTubeでも何でもいいです。
そして、喋り続ける子の声を消し去りましょう。

娘の「おきよっか」「わーいわーい」などの、大きな独り言が聞こえ無くなればストレスが減ります。

そして、なにより音楽等を聴きながら、お母さんが寝ましょう。
親が倒れてしまっては、育児の本末転倒…。

   

実際に私は何を聞いているのかというと、YouTubeか、AmazonオーディブルAmazonミュージックのアプリをスマホにインストールして聴いています。視聴しているうちに寝ます。そして、娘も寝ています。 

    

Amazonミュージックの魅力(余談です)

特におすすめは、Amazonミュージックです。
理由は、YouTubeは広告が長かったり、途中で止まってしまう。
または、勝手にハードな音楽に切り替わったりしてしまい、興奮して目が覚める。

Amazonオーディブルも、語り口調が心地良くて眠りに落ち入れればいいですが、聞き入る様な面白い話だと逆に目が覚めてしまいます。

Amazonミュージックは、眠りにつきやすい自分の音楽ファイルを作っておくこともできる。
それに、物凄い膨大な曲を月額500円程度で聴ける。

もちろんダウンロードしなくてもラジオ感覚で選曲して聴いたりできる。
そして、複数のデバイスで聴ける。

…と宣伝みたいですが、子供向けの音楽なんかも沢山ありいい事尽くめなんです。

有料ですが、Amazonプライムに入会すれば月額500円程度。
Amazonミュージックの他に、Amazonビデオや、買い物の送料無料といった、その他たくさんのサービスがあります。

余談はここまで~。

あとは、薬に頼りましょう。

薬は、飲ませたくないと思う人も沢山いますよね。

でも、薬を飲ませたくない両親と、寝れない程苦しい思いをしていて薬を必要としている睡眠障害を抱えた子。

この状況をどうとらえますか?
我が子は薬にかなり救われました。

薬の飲用について、不安に思う方は「」こちらから。

「自閉症の子は寝なくても大丈夫」は大間違い。【あたりまえに疲労しています】

こんな、寝ない日々が続くと自閉症の子は寝なくても大丈夫と思われがちです。

でも、この子達も人間ですよ、体は疲れています。
体が疲れていると、免疫力も落ちるし、成長ホルモンにも影響を与える、なにより精神的に辛いですよね。

この子達だって、本当は寝たいんです。

現に、寝れなくなる時期は季節の変わり目や、運動会や発表会の練習が続く非日常時、長期休暇に入った時など生活に変化が訪れた時です。

きっと、変化が苦手だから、しんどいんだよ。

娘の担当医師も言っていましたが
睡眠障害の子だって眠たいし、睡眠は必要。
偏食で食べれないものだらけの子だって、本当はカロリーが必要。

ないがしろにされがちですが、生き方や感覚の違いをきちんと汲み取ってあげましょう。

「自閉症の子の親は大変だね」と他人事にさせるのはお終い。社会にも関わってもらいましょう。

「自閉症の親は大変だね…」と同情されがちですが、同情されない環境までのし上げましょう。
イメージとしては、「自閉症や何かの障がいを抱えているのならば、支援が万全に整っているから安心」と思えるくらいに。

「そんなの無理だよ」と思うかもしれませんが、前例がないなら作ればいいです。

今の税金制度も、消費税も、教育も、医療費制度だって「嗚呼、助かるな~」っていう事は、全部誰かの声があって前例無くして作っていったものです。

発達障害の子も増えたことや、ひと昔前の様に家族で支え合う程人数のいない「核家族」が主流です。

育児の全てが母親の責任なんて辛すぎる。
未来の日本を作っていくのは子供達だし、子育ては社会全体でするものです。

睡眠障害や自閉症、障がいのある子の育児は大変だけど、助けても貰える

障がいのある子の育児は楽しくて楽か?といわれれば、そうじゃない。
誰もが、辛さや理不尽さと背中合わせで育児をしています。

私自身も例外じゃなく、辛いことだらけでした。(今でも苦労していますが笑)。
しかし、環境をよくしようと動く事で、生活が変わり、結果として周囲の助けも増えていると思います。

「辛い」と愚痴を吐くだけでは、何も変化が起こりません。

我が子と向き合いつつ、自分の人生もより楽しくなるように改善していきましょう。
まあ、私はいいやっておもいましたか?

一生愚痴で人生が終わりますよ。