【自閉症】薬って効果あるの?!薬の飲用、メリットとデメリット。

子供達の事

こんにちは、sally です

自閉症の子ども達2人と暮らしています。

・特別支援学校に通う、小学5年生の自閉症の女の子
・特別支援学級に通う、小学3年生の自閉症スペクトラムの男の子

娘の方が、4歳から自閉症の生き辛さを軽減させるために薬を飲んでいます。

・自閉症の息子に薬を飲むように提案された
・薬の副作用が怖い
・薬を飲むほど大変な事態なのか
・夫婦間で、自閉症の薬飲用について意見が割れている

こうした悩みを抱える方に、自閉症の娘の薬についての話をして生きたいと思います。

実は、私も薬を飲ませる時に少し悩みました。
そして、飲ませた薬が効果がない場合もありますし、薬も幾度と変わっています。

この記事の内容
  • 飲用を悩む方へ、最初の一歩を踏み出す考え方
  • 実際に飲んだメリット
  • そして、デメリット
  • 母が精神薬を飲んだ感想

上記の内容を深掘りしつつ、医師に提案されたのであれば一度飲んでみては?という方向にもっていきます。
※実際現在は、母である私も飲んでいるので、そういった内容も交えてお伝えしていこうと思います。

誰かのお役に立てば、幸いです。

自閉症の子に薬は必要か悩む親へ、最初の一歩を踏み出す考え方。

自閉症のお子さんと過ごすという事は、日々のパニック対応や過度なコダワリに対する見守り。
そして、睡眠障害や自傷・他害行為。 

それらを一番近くで見守っている母親に、負担がかかり過ぎだな~と思う事があります。 

自閉症の一番の理解者であるはずの、母親がストレスによって倒れてしまっては育児も生活も回りません。
しかし、お母さんも苦しいでしょうけれど、それ以上に一番苦しいのは目の前にいる自閉症の子です。

なので、その子の生き方を楽にしてあげる事が、家族の負担の軽減にもつながります。

そういった理由から、生き辛さが増してきたお子さんに対しては医師から「薬」の提案をされる事があります。 

医師から薬の飲用を提案されるという事

医師は、医学や薬に関する専門の知識を持っています。
持っていないのは、家庭での自閉症児の状況。

そんな、状況を聞いたうえで、今できるその子への最善策として提示されたのが「薬」です。

薬を飲む事で、睡眠や食事の不足、過度なストレスから解放されればという事で処方されているものです。

しかし、少し残念なのですが、薬が必要だったかどうかは、飲んでみないと分かりません。

その子に合うかどうかは、診断しただけでは、はっきりとしないものです。
実際に、我が子も薬が何度も変わっています。(後で詳しく説明します。)

薬を飲むか、飲まないかを決めた私の基準

長い人生で、薬って「痛み」「かゆみ」「風邪症状」等を緩和する為に飲んできたものがおおいから、健康である我が子が薬を処方されるって、なんとも言えない気持ちになりますよね。 

でも、本当は「生き辛い」という症状が子供には出ています。
その生き辛さを取り払う事で、少しでも生活が楽になればな・・・と思って飲用を決めました。


例えを嫌がられるかもしれませんが、糖尿病やアトピーの様な物だと考えたらどうでしょうか。

  • 糖尿病の方に、薬は良くないからとインスリン注射を辞めさせますか?
    本人は元気に生活する為に必要ですよね。
  • アトピーの子が痒くて仕方ないのに、薬は塗らないね、でも掻かないでねと親が決めてしまえば、本人は相当に苦しみます。

そんな感じで、薬を飲ませないと親が一方的に決めてしまうのはどうかなと、私は思います。

薬が合わないという意見を耳にする…

薬があうのか、合わないのかは飲んでみないと分かりません。

だって、医者が処方したものでしょ!?

少し前にも書きましたが、実際に我が子も薬が何度も変わっています。

それは、特定のウイルスを退治する為の薬ではないので、あくまで対症療法となります。
「飲んでみてどうか…」を確認する形ですね。

実際に、花粉症の薬を処方された事がある方はわかるかもしれません。
一度目の処方で合う場合とそうでない場合がありますよね。

他にも、皮膚に出来た湿疹。
最初出された薬だと効かなかったけれど、次に出された薬だとよかったとか。

女性の方だと、スキンケアを例に考えてみると分かり易いかもしれません。
新しい化粧水を試す時に、生理の前と後に使用するのでは手ごたえが違う事がありますよね。

それと同じで、子供だってストレスの状況が違えば効く場合もあるし、そうでない場合もある。
そして、短期で効かないけれど長期的に飲んだらよくなったという事もあります。

そうした、薬に関する悩みが出てきたのなら、医師にきちんと聞いてみれば答えてもらえますよ。

薬を引用したメリットとデメリット

メリットとデメリットを説明していきます。

我が子の体験談…個人的な見解となります。

メリット

メリット
  • 結果として薬に助けられている
  • 長期で飲む事で安定してきている

娘は、薬に救われています。

娘は、寝る前に飲むものが3種類程度。
そして、頓服として1種類。

就寝前に出る3種類は、過去に何度も変更になっています。
4歳から現在の11歳手前までで、5回は変わっていると記憶しています。

薬が変更になる理由は、寝れない事や他害行為や自傷行為が酷くなった時に、その時の症状によって効果がみられなければ変えてみるというスタンスです。


受診も2~3か月に一度なので、その期間引用してみる。
そして、受診のさいに報告をする。

これを7年近く繰り返しています。
自閉症の人が大人になると、薬の飲用をしている人の割合がかなり増えるので「自閉症と薬」というのは、長い付き合いになると思います。 

頓服は常に「リスペリドン(リスパダール)」という薬がでていますが、ソワソワする日やイライラする日の夜には飲んでもらっています。(結果:熟睡)

医者ではない私からの一言ですが…
薬を飲ませたくないのは誰でしょうか?
薬を飲んででも落ち着きたいのは誰でしょうか?

飲用する事を提案されたときに、こうした考えに切り替えました。

デメリット

デメリット
  • 飲み忘れに気を付けないといけない
  • 処方箋薬局に薬を貰いに行かないといけない
  • 副作用

大人でもありますが、飲み忘れ注意です。
急にやめると良くない薬もあるので、忘れないようにしましょう。

忘れないようにするために、我が家では毎日風呂上がりのお茶と一緒に飲ませています。
今では習慣化して、自閉症の娘(本人)がしっかり覚えています。

あと、処方箋薬局に2~3か月に一度行かないといけない面倒さも私にとってはデメリットです。
まあ、もう7年も通っていると慣れましたけどね。

そして副作用。
全ての薬には、副作用が出る可能性があります。

可能性が「0」ではないですよ。という説明なので、重篤な副作用は出ない人の方が多いです。

ちなみに、娘は「エビリファイ」という薬を始めて飲んだ日は、吐き気に襲われていました。
2日目からは大丈夫でしたが…。
可愛そうでした。
そうした、かわいそうな姿を覚えているので、また初回の状態に戻らない様に飲み忘れに注意していますよ。

あと、「リスペリドン」を飲むと異様に食欲がでます。
太り過ぎないように、親がコントロールしています。

副作用でなくても、おやつなどの食べ過ぎは良くないですよね。

母が精神薬を飲んだ感想

母が、精神的におかしくなったわけではありあません(笑)

娘は薬を飲用しても、やはり夜中に起きてしまう日はあります(かなり激減はしますが…)
嫌な事があったり、ストレスが溜まったりすると夜中に起きてしまいます。 

そして、そんな生活に7年も付き合っていれば、私も体内時計は狂います。

というわけで、眠れない夜用に私も薬を貰っています。

以前、私の娘も引用していた「エチゾラム」という錠剤です。
睡眠導入に時々利用していますが、引用する事で自然な入眠にはいれます。
副作用も特にないです。

まとめ

という訳で、我が家は薬を飲む事で得たメリットの方が多いです。

娘はコミュニケーションも取れず、自閉症の特性からストレスも感じやすいと思いますが、少しでも楽に生きて欲しいと心から願っています。

薬を飲む事で娘もパニックを事前に軽減でき、睡眠障害が軽減されています。
そうした、「不安を取り払う」とか「睡眠を守る」など、親がサポートできる事はしてあげたいな~とおもって薬を飲用させています。

なので、「障害だ」「薬」だと悲観的にならず、今の現状が少しでも良くなるきっかけになれば嬉しいです。

自閉症のない大人にもいえますが、楽しい事を10見つけるより、嫌な事や辛い事を1取り払えば、目の前にある当たり前の幸せに気付けたりします。

今日はここまで~