【インクルーシブ教育】人種の多様化すら進まない日本じゃ簡単に浸透しない

子供達の事

こんにちは、sally です。

 

2人の自閉症児を育てています。

・特別支援学校に通う小学5年生の娘
・特別支援学級に通う小学3年生の息子

 

コメンテーターでもなんでもない、普通のお母さんですが、また大それたテーマを持ってきてしまいました。

「インクルーシブ教育は、日本じゃ簡単に浸透しない」

でも、実際に自閉症児を一人で育てながら、色んな環境や色んな場所、人に関わらせてもらって思うんですよ。

インクルーシブ教育って、結構聞くようになったけど、まだまだ浸透してない。
浸透してないというよりは、機能していない。

実は、我が子達二人もインクルーシブ教育を取り入れた幼稚園に通っていました。

インクルーシブ教育とは

障がいのある子もない子も共に教育を受けよう!という考え方で「共生社会の実現」に向けて貢献しようという制度です。
その共生社会の為に、次の3つを主張しています。

  1. 障害者が一般的な教育制度から排除されないこと
  2. 自分が生活している地域で初等中等教育の機会が与えられること
  3. 個々人に必要な合理的配慮が提供されること

実際に娘と息子が通った幼稚園は、1クラスに20~25人の定型発達児と、5人の障がいを抱える子が混在。

大人は担任が一人(年少の時だけ副担任あり)と、支援児に対する加配の職員が5人の計6人。

障がいのある子には、1対1で大人が関わっているという形です。

これを、言葉にすると

「助かるね~」
「すごいね、最先端だね~」
と、当時は言われていました。 

確かに助かってはいました!
助かる以外、なにものでもないですが…

反対に、排除された感じや孤独感も感じていました。
そんな気持ちを、時間が経過した今なら言語化できそうだったのでしておきたいと思います。

インクルーシブ教育は、日本じゃ簡単に浸透しない

インクルーシブ教育は「こうやったら、浸透する」とか「ここが間違ってる」って指摘するわけじゃありません。

新しい制度が、浸透するには時間が必要。

ただ、キーポイントになるのは「文化の多様化を受け入れない風習」です。

日本って、今でこそ海外の人が増えましたが、それでも右を向いても左を向いても日本人。
聞こえてくるのは、日本語ばかり。
「我慢が美徳」で「自己主張は控えめに」の世界が、いまだに繰り広げられている場が沢山あります。

給食一つをとっても「アレルギー問題」は取り入れられるようになったけど、「宗教問題」は取りざたされていない。

それくらい、日本人のDNAと日本人の文化で構成されている国なんです。

でも、これからの日本の事を考えると、文化も人種も多様化していく事を止められないでしょう。

だから、インクルーシブ教育っていい事だと思うんですよね。

インクルーシブ教育

もう一度おさらいしましょう。

障がいのある子にとってインクルーシブとは
定型発達の子達に混ざる事でコミュニケーションスキルや社会性の向上が期待できる。
定型発達の子にとってインクルーシブとは
障がいのある子と自分達を分けて考えたりしない(ネガティブな意識の改革)が出来るようになることを期待されています。

インクルーシブ教育はいわば、これからやってくるであろう、日本の国際化への架け橋的役割。
人種や文化の多様性を受け入れないといけない、ダイバーシティへの大事なきっかけでもあります。

人種の多様化は受け入れたいけど、個性の多様化は受け入れがたい

外国の人や、異文化が入り混じる事に期待する声は多いです。
なぜなら、個性的な人にとっては、自己主張がしやすくなるから。

でも、「障がいも個性」とは、捉えにくい。
それは、障がいに関わってこなかったからという事と、障がいに関する知識が乏しいからだと思っています。

手を差し伸べていいのか分からない。
または、どう差し伸べればいいのか分からない。

要は、知識が無いために障がいを抱えた人を「かわいそうな人」「出来ない人」としてとらえてしまいがちです。

そうした考えや風習が、支援者の中でも無意識のうちに残存しているという事が、インクルーシブが浸透しない要因となったりします。

みんな、同じクラスに在籍して完了~!は、勘弁~

インクルーシブには、私も賛成なんですが「みんな同じクラスに入れて、加配の先生付けて完了~」とだけはしないで欲しいという事。

なぜなら、「チャレンジしてみたい子供」や「チャレンジさせたい親」に対して
「みんなの輪を乱すので、この行事には参加を控えて貰えますか?」や「今回は参加できません」なんて言われてしまうと、子どもにとっても親にとっても、その苦しみは教育者が思う以上に辛いものだからです。

もちろん、宣告する方も胃が痛いくらい辛いと思います。
でも、宣告された側も相当なもんです。

だから、インクルーシブ制度の導入が結果として辛いものにならない様にしてほしいですよね。
出来ない子に対して「それじゃあ、どんな工夫をすればいいのかを考えましょう」って次の一手を考える事が重要です。

実は、みんな「出来ない」を抱えている

実は、障がいの有無にかかわらず、みんな何か助けを必要としています。

左利きの子には左利き用のハサミ。
視力の悪い子には、眼鏡やコンタクト。
アトピーの子には薬。

じゃあ、障がいは??

車いすの子にはスロープ。
読み書きに障がいがある子は、ipadや電子黒板。
見通しが持てず、じっとしていられない子にはスケジュールや予定表の提示
周りの騒音が気になる子に対しては、パネルやヘッドフォン

これからの時代は、外国籍の子の受け入れも課題にはなってくると思います。

特別支援は、特別扱いとは違います

特別支援と特別扱いは、言葉すら似ていますが全く別のモノです。
受容と放任も、意味合いは似ている様で全く別のモノです。

こちらは、また別の記事で書くとして…。

日本の文化や教育に残っている
「周りの輪を乱さない」
「一人だけ特別対応は出来ない」

そうした考えは、昭和と平成においてきてください。

支援会議を有効活用すれば、もっと自分のすべきことが分かってくるのに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこでですね、出来ない子に対し「それじゃあ、どんな工夫をすればいいのかを考えましょう」っていう制度を円滑に進める為に支援会議っていうのがあるんです。

支援児に関わる人全てで、足並みを揃える会。

障がいのある子が何に困っていて、それをどうやったら改善していけるのか?
ここでは、こういう問題が起きているが、良い対処法がないのか?

そんな問題を、親や支援者で共有して解決法を探してみたり、これからの支援について足並みを揃える為の会議です。

でも、ですね。
これが、30分程度しかなくて自己紹介で終わったりする事も多々。

自己紹介と挨拶や、印鑑…。
そういうのも、無駄な風習だな~と個人的に思っています。

子供の生活を左右する大切な事なのに、支援会議が顔合わせのあいさつで終了?
そして、忙しいからと来れない事業所も多々あります。

忙しい?

今やパソコンさえあれば、対面でなくてもみんなで会議が出来る時代ですよ。
もっと、柔軟に動く事を奨励したい。

世の中の多様性受け入れが可能になれば、全ての人が生きやすくなる

そもそも、多様性の受け入れってこれからの時代に大事な事ですよね。

「ひとりだけ違う行動をとってはいけない」とか「自分の意見を押し殺してまで周りに合せないといけない」とか長い人生を考えると、定型発達であっても息苦しいじゃないですか。

とはいえ、人に過度な負担をかけてまで好き放題いきる事を推奨してるわけじゃありません。
「他人の意見も、自分の意見と同じく貴重なもの」だって思ってあげれるような思考が、何より大事かな~って思います。

自分は我慢を積み重ねてきたからと、他人にも我慢を強いる様な歳の重ね方をしない事!

日本のインクルーシブ教育のこれから

日本のインクルーシブは、先進国の中では遅れています。
でも、そこには背景と理由が…。

先進国の中では、支援学校や支援級が存在しない国もあります。

なぜ、そんな事が実現できるのかというと、やっぱり環境。
諸外国では、1つのクラスが小人数制の上に、ボランティアや支援職員が複数混在している状況です。

日本の30~40人の学級に担任一人なんて、インクルーシブ導入していないくても担任に負担がかかり過ぎ。
学校の先生の労働問題も課題になっていますね。

日本のインクルーシブの課題は
「予算、知識、人員」この辺り、整えることかな~と。

まとめ

自分の考えだけを、長々~と体験談に併せて書いてみましたが、体験者の発言って大事なんですよね。
これからの、障がい児本人や、子供達、親達全ての為に。

経済の発展に併せて、全ての人が生きやすい国になって欲しいな~と思うばかりです。

皆さんも思う事があれば、Twitter等で教えてくださいね~

自閉症の事を少しでも沢山の人に知ってもらえたらと思っています。
そして、それを機に世の中には本当にいろんな人がいる事を認識し、出来る範囲で支えあいながら
皆が暮らしやすいように 生きていけるといいなと思っています。

下記クリックしていただくと、沢山の参考になるブログリンクに飛びます。
クリックしていただくと私も励みになります。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

障がい児育児ランキング