もしかして、モンスターペアレント?!母VS支援者じゃなくてチームですよ~

ママの事

こんにちは、sallyです。

sally
この記事を書いている私は、自閉症児2人を育てるシングルマザーです。

・小学校5年生の特別支援学校の女の子
・小学校3年生の特別支援学級の男の子。

良くある話で「保護者VS支援者」…。
「あの、お母さんはモンスターだ」とか「あの先生が酷すぎる」という話。

要は、障害をもっている親とその支援者の間にわだかまりがあるという話。

私も、支援者の対応に「そんな酷い…」とわだかまりを抱いた事もあります。
周りのお母さんたちからも、そのあたりの話を聞く事も良くあります。

そして悲しいかな…支援者の皆さんも頑張っているのに、批判やクレームばかり受けているせいか「変わる事<謝る事」になっていて、ひたすら謝ってこられる事も多々。

謝って欲しいのではなく、変わって欲しいだけなのに…。

だから、何が正しいのかじゃなくて…
「どうしていかなければいけないのか?」が話し合えるといいのにな~といつも思っています。

「VS関係」だと、子供の為にもよくないな~と思ってるので、今日はそのあたりの事を言葉にしてようと思います。

母VS支援者は、敵ではないと認識する

adult and child hands holding red heart on aqua background, heart health, donation, CSR concept, world heart day, world health day, family day

障がい児への対応を巡って、保護者VS支援者みたいになってしまい、悶々とした気持ちを経験した人って多いと思うんです。

まずは、そんな気持ちを取り払うためにお互いが敵ではないと認識しましょう!

保護者

保護者の皆さんも、支援員に対して「許せない気持ち」や「悔しい気持ち」を抱いた方もいると思います。
実際に私もあります…。

でも、伝え方によってはモンスターと思われてしまう…。
そう思われたくないから、話し合いもせずに自分の中で消化しようとしたこともあります。

でもその結果、気持ちの消化不良で、自分自身がストレスモンスターに変化してしまった事も何度もあります。

支援者

支援する側にもあると思うんです。

一生懸命に他人の子を世話をしているのに、保護者に意見された事。

こっちは、血もつながっていない子供に、噛みつかれたり暴言を吐かれたりでやってられないよ!って事もあると思うんです。

精神的にも肉体的にも頑張っているし、クレーム対応までしてるのに給料これだけ!?って思いもある事でしょう。

双方が、協力すべき~

でも、ちょっと考えてみてください、双方凄い人たちですよ、本当に尊敬!

障がいのある子の支援をするという事は、とても大変な事です。

だから、頑張っている保護者の方も支援者もすごい事ですよ。

だから、そんな同じ苦労を抱えているもの同士、わだかまりがあるなんて勿体ないと思っています。

支援って本来答えなんて存在しないのに、「正しい答え」を編み出し、どっちが言っている事が正しいのかを論争しても、本当に伝えたい「正しさ」なんて伝わらない。

どちらが、「正しい」とか「勝ち」の問題じゃないはず。

だから、その双方にある愚痴を「意見」にすり替えてみませんか。

そしたら、「敵対心バチバチ~」「気を遣って本当の事が言えない~」って、関係じゃなくて「チーム」になれるはず。いや、むしろチームになりましょう。

チームになって、支援児童が困っている事について、現在提案できる最適解を編み出し、お互いが少しでも楽にならたらいいよね!って思っています。

そして、長い付き合いになるのだから、お互いがお互いに敬意を払いつつ連携がとりやすい関係の方が楽なはずなんです。

そもそもなんで、保護者はモンスターになってしまうのか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そもそもなんで保護者はモンスターになってしまうんでしょうか?

育児でも仕事でも家事でも疲れていて不満はたまっているのに、これ以上(支援者にまで)愚痴や不満って、吐きたくないのがお母さんですよ。

お母さんじゃなくても愚痴なんて溜めたくないし、ネガティブな感情を抱きたくないっていうのが人間の本質でしょう。

日々、穏やかに過ごすに越したことはない。

ですがね、子供と保護者と支援者のそれぞれの「needs」と「wants」って大きくずれてるんですよ。

ずれてない場合もありますが、ずれが生じてる事が多い。

だから、親も支援者も一生懸命頑張ってるのに満足しているのは自分だけってなことが起こってしまう事がよくあります。

保護者か支援者のどちらかが、自分だけ満足していたら不満が生まれるのは当たり前です。

本当は満足させるべきは障害を抱えた子供達。

支援児童が何に困っていて、何を提示してあげればいいのかを考えてあげて欲しいんです。
今している行いが、この子を後に幸せにするのか?って物凄い重要なんですよ~!!

だからまず「この子は今何に困っているのか」に寄り添う様に心がけてほしいな~と思っています。

そして、疑問がうまれれば保護者もひっくるめて事業所内でディスカッションする事も大切。

母親も、何か困った事があれば支援者に分かるように伝える事が大切で、怒りが先行していては何も伝わりません。
だから、不満に思う事があれば「意見」としてしっかり伝える努力も必要かな~と思うんです。

親も支援者も、本来はチームです。

親と支援者って、立場としては全く違いますがチームなんですよ。

これは、私がずっと頭に抱いている概念。

親の「なんで、対応してくれないの?」「なんで、なんで、なんで???」の気持ち。
支援者の「こんなにも頑張ってるのに、理不尽だ!」「こんなにも、こんなにも、こんなにも」の気持ち。

その押し付け合いが、不満になってしまうんです。

その、不満を隠そうとするから、更に不満が募って支援が上手く回らない。

なるべく感情を意見にすりかえて、情報も共有しあいましょうよ。
チームのような感じで、その子の為に今できる事をやっていく。

でも、間違えてとらえて欲しくないのが、目標の部分。
「その子が生きやすいような理想の社会をつくるんだ!」「みんなで手を取り合って頑張ろう!」ってなると、本来大切な個人の生き方が損なわれてしまい、また、愚痴と不満だらけになる。

出来る人が出来る範囲で、がんばる。
「それは、こっちで対応できます」「それは、私が受けます」と自分が出来る事をやっていく事。
「じつは、もう限界です」そんな事が言いやすい環境も大切です。

声を上げにくい環境があるのなら、誰かが気付かないと…。

まとめ

Work-life balance road sign concept for healthy lifestyle and wellbeing choice

本当に、障がいのある子のことを考えるのなら、親と保護者の間にわだかまりがある関係ってよくないよな~って思っています。

私を含めて自閉症児の親たちは、子供の障がいが理解されにくいがゆえに…
子供の機嫌がいい時は「考えすぎ」と言われ、理解して貰えず…
子供の状態が悪い時は「親の責任」と言われ…
時に哀れに思われる時もあるし、「きっと、お子さんなんか才能もってるわよ」とイメージで判断されたり…

実は保護者も理解して貰いたい生き物なんです。
めんどくさくてすいませんと思いつつ、やっぱり支援者には理解して欲しいんですよ。
我が子の見えない障がいのこと…

と…今日はここまで~♪

【PR】
毎日、育児が大変なママ達こそ、積極的に家事を楽にしませんか?
その忙しすぎる家事を少し手抜きして、子供と過ごす時間にかえてみませんか?

オイシックスのお母さんの、料理を楽にしてくれるサービスはこちら
>>【kit Oisix】20分で2品作れます♪
お買い物が楽になる、サービスはこちら
>>最大1,100円もお得!初めてなら断然こちらのセットから!!