自閉症スペクトラムの息子!8歳までに出来るようになった20の事

子供達の事

こんにちは、sally です。

シングルマザーをしながら、自閉症児2人を育てています。

・小学校5年生の娘:特別支援学校(コミュニケーションなし)
・小学校3年生の息子:特別支援学校(コミュニケーションあり)

今日は、もうすぐ9歳になる自閉症スペクトラムの息子の成長を書き留めておきたいと思います。

重度自閉症の姉を持つ息子。
姉と共に小さい時から、色んな障害を抱える人の中で過ごした息子。

本当に、沢山の人の支援や応援を受けての成長です!
ありがとうございます!と感謝だらけです!

というわけで、今日は自閉症スペクトラムの息子が8歳までに達成した事を、リストアップしていきたいと思います!

自閉症のきょうだい児や、会話が出来る自閉症スペクトラムのお子さんを抱えておられる方の参考になれば幸いです。

※ちなみに娘バージョンは、こちら

自閉症スペクトラムの息子が、8歳までに出来るようになった20の事

息子には、自閉傾向強度の姉がいます。

先に娘の話を少ししておくと、娘は人間の欲の一つである「寝る」「食べる」もままならない。
「喋る」「空気を読む」もままならない。

全ては不安からくる症状ですが、娘にはあまりに出来ない事が多かったために「寝る、食べる、多動でない」が普通にできている息子はそれが強みだなと思いながら育てていました。

だから正直、喋らない事もほとんど、気にならなかったです。

そんな息子の8歳までに出来るようになった事!さっそく行ってみましょう!

  1. 飲食の自立(4歳)
  2. 1語喋れるようになった(4歳)
  3. 母がいないくなったら不安に思う(4歳)
  4. 文字を読めるようになる(4~5歳)
  5. 文字が書けるようになる(4~5歳)詳しくは、こちら
  6. 2語文が喋れるようになった(5歳)
  7. まずまずのコミュニケーションが取れるようになっている(6歳)
  8. オムツが完全に外れる(6歳)
  9. 友達と遊ぶようになった(6歳)
  10. おばあちゃんのお家にお泊りできた(6歳)
  11. 歩いて小学校に行けるようになった(6歳)
  12. アルファベットをかけるようになった(6歳)
  13. 服のボタンが留めれるようになった(7歳)
  14. 姉の事を気にかけて助けてあげるようになった(7歳)
  15. 他人に興味が出た(7歳)
  16. 身長が140センチを超えた(8歳)
  17. 足し算、引き算、掛け算、割り算が出来る(7~8歳)
  18. 靴のサイズがママと同じになった(8歳)
  19. 学校の授業や行事に、皆も頑張っているから自分も頑張ってみようかなと思うようになった(8歳)
  20. 思考能力が母を超えている(8歳)

これからの息子に、求める5つの事

姉が重度自閉症、親の離婚を経験、そして自分も支援の中にいる。
特別な環境でずっと過ごしてきた息子は、子供らしい部分と、あまりにも成熟し過ぎた部分が混在しています。

  1. もう少し、我儘を吐き出して欲しい。
  2. 我慢を美徳と、勘違いしないで欲しい。(姉や母の事を思って自分を抑え込まないで!)
  3. 食べ過ぎに注意して欲しい、少し運動して欲しい💦
  4. 今ある好奇心を、どんどん発信して欲しい
  5. 抑圧的な、社会や大人や学校の風習に負けないで欲しい!

息子は、読み書き、言葉、学習とあまりにも出来る事が沢山あります。
でも、正直それが重要だとはあまりおもっていない母です。

もちろん、知らないより知っていた方が情報を得る為の幅が広がる。
でも、好奇心旺盛で他人と自分を比較しない、すてきなその性格をねじ曲がった社会性で潰されないでほしいな~と思っています。

いっぱい失敗して、いっぱい経験して、母と姉にもっと甘えて生きて欲しいな~

ママも頑張る!
一緒に、がんばろう!

これからも、ずっと変わらないで欲しい10の事

  1. そのままの優しさ
  2. 小さい頃から変わらぬ朗らかさ
  3. その明るさ
  4. みなぎる自信(いい意味で、羞恥心のなさ)
  5. 好きな事への学習意欲
  6. YouTuberやプロゲーマーになるという夢(途中変更OK、夢を持つ心が好き)
  7. 悲しみをポジティブに変える思考能力
  8. 弱者への思いやり
  9. メディアから学ぶべきか、大人から学ぶべきか瞬時に判断できる才能
  10. 女の子を喜ばせる才能(イタリア男性の様です)

自閉症児を育ててきて感じる、誰かに伝えたい大事な事

我が家は、2人ともタイプの違う子供達。
そして、母も母らしいところがなく、家事も苦手、運動が趣味でまだまだ燃焼しきれていない。

そんな3人で暮らしながら思うのは

他人を変えようとしない事。
逆に、自分にとって大切な人であるのなら「その人の望むような人」になるように自分が成長する事。

こちらの、思考でいる方が自分も楽だし、相手にも笑顔が増える。

win-winだな~と思う様になりました。

子供がどんなに不安を抱えていても、子どもがどんな失敗をしようとも「それが子供にとって必要な経験」だと大きな心で構える。

「いつも味方だよ」「そのままで充分素晴らしい人間だよ」と思ってあげれるのは母くらいじゃないかな~と思うようになりました。

ときに、感情的にこの思考は崩れますが(笑)、でもずっと心に刻んでいます。

まとめ

子供って本当におもしろいな~と思います。

そして、伸びしろが本当に凄い。

みなさんも、いちど子供や自分の成長を振り返ってみてくださいね!
自信につながりますよ!

今日は、ここまで~!

自閉症の事を少しでも沢山の人に知ってもらえたらと思っています。
そして、それを機に世の中には本当にいろんな人がいる事を認識し、出来る範囲で支えあいながら
皆が暮らしやすいように 生きていけるといいなと思っています。

下記クリックしていただくと、沢山の参考になるブログリンクに飛びます。
クリックしていただくと私も励みになります。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

障がい児育児ランキング