【自閉症児と長距離の車移動】少しでも快適に過ごすアイディア

子供達の事

うちの子達のお抱え運転手のsallyです、こんにちは~。

sally
この記事を書いている私は、自閉症児2人を育てるシングルマザーです。

・小学校5年生の特別支援学校の女の子
・小学校3年生の特別支援学級の男の子。

自閉症児を連れての遠出って、めっちゃ大変じゃないですか?
自閉症児の親にとっては、自閉っ子との長距離の道中もヒヤヒヤ…ハラハラ。

そして何より、到着先を気に入ってくれるのか?!も重要なポイント。
何故なら、長距離運転を頑張ったのに「ヤダ」と泣かれて、直帰する羽目になった事もあります。

大人が複数人いればいいのですが、ママひとりや夫婦だけという事も多いのが育児。
そこで今日は、小さい頃から色んなところへ連れていきまくった私なりの「自閉っ子移動大作戦」を紹介したいと思います。

誰かのお役に立てば、幸いです。

自閉症児と長距離の車移動を、少しでも快適に過ごす方法5選

するべき事を順序だてて、書いて行こうと思います。

その①:調査

まず、子供には知らせずに親だけで調査を始めましょう。

それが、この3点。
・ルート確認
・休憩所などの確認
・到着先の調査

ルート確認

まず、ルートを調べます。
グーグルマップなどのアプリを使えば、ルートがいくつあって、高速は料金がいくらなのかをいくつも提案してくれるので、そちらをまず調べましょう。

自閉っ子が絶えれそうな時間や、大人都合の高速料金が同時に確認できます。
高速の料金などは療育手帳で抑えれる事もありますよ、療育手帳の取得が不安な方はこちら

休憩場所等の確認

ルートを調べたら、こんどはその間にある休憩エリアを調べましょう。
休憩エリアによっては、公園があるところや温泉まで併設しているサービスエリアもあります。

ずっと座りっぱなしのでストレスが溜まっている子供の為に公園も併設している所もありますよ。
とはいえ、自閉症児は休憩が人混みでストレスになる場合もありますよね。

込み具合も、事前調査出来るといいですね。

到着先の調査

到着先の調査もしておきましょう。

・トイレは幾つあるのか?
・食事の持ち込みはOKなのか?
・食事スペースはあるのか?
・子供の興味をひくようなものはあるのか?

ふだん、自閉っ子が怖がるような事を紙などに書き出し、入念に調べておけば後が楽ですよ!

大きなテーマパークなどだと、療育手帳を持っている事で順番待ちなどを配慮してくれるところもあるので、確認してみましょう。

ちなみに、こういったことの調査はネットより本がオススメです。
書き込んだり付箋を貼ったりしながらしらべれるので、私は入念に調べる時は本を購入します。

いつも、手に取るのは「るるぶ」。
下記は首都圏バージョンですが、こうした感じで、全国各エリアごとに子供のお出かけバージョンのるるぶが出ていますよ。


スケジュール表

自閉っ子達は視覚優位な子が多いですよね。

そうでなくても、子供達は言葉での説明より目で見てわかるものの方が安心できます。

子供達の為に、スケジュールを作りましょう!
到着先は、写真で分かるようにカラーコピーしたり、「るるぶ」を切り取って張ったりします。

目でみて、「こういうところに行くんだ~」「休憩はここでとるんだ~」「ここでは何か食べれるんだ~」と分かれば出来る自閉っ子達!
その「分かればできる!」を有効活用しましょう!

私は、到着先のアナウンス等の音の大きさや、人混みに耐えれるかな~と不安を感じた時は、YouTubeで動画もみせたりしますよ。
そして、スケジュールを見せる事で「すぐに行く」と勘違いして、混乱する事もある為に、カレンダーも使って時系列で説明もします。

持ち物

車移動の大きなメリット!
「荷物をいっぱい持っていける!」

というわけで、着替えやおやつ、移動時間をストレスにしないグッズも持っていきましょう!
今回はその、「移動時間をストレスにしないグッズ」に注目。

  • 映画(DVD)
    一番手っ取り早いのは、映画(DVD)かな~と思います。
    ざっと90分程度時間がかかるし、かなり助かりますよね。
    まあ、すきな映画があればですが…。
  • タブレット
    車酔いする子には危険ですが、タブレットも時間を潰してくれます。
    色々アプリも入れれますしね…。 

   

タブレットやiPadのメディア視聴には賛否両論ありますが…私は、自閉っ子にはタブレット持たせてもいいんじゃないかな~と思っています。
好きなモノ、夢中になれるのモノ、視覚的に興味を持てるモノから社会が広がるんだな~と「娘とiPad」の関係性を見ながら思っています。

という訳で、タブレットのオススメを紹介しておきます。

一番安いiPadがこちら、スペックも子供が遊ぶ程度なら充分です、大人も楽しく使えますよ!


iPad以外に、最近気になっているのがこちら…。

Amazonからでている、子供用タブレットです。

・子供向けアプリが豊富
・ゲームやビデオが一年間使い放題
・設定をすればYouTubeもインストール可能
・時間設定できる
・2年間の限定保証付きで、タブレットが破損・故障してしまった時でも、タブレットを返品すれば、無償で交換可能!


こちらは、後に買ったらレビューしていきたいと思いますね。

そして、旅先ではパケット代をきにしないでいいポケットWi-Fiがオススメです。

最近は、利用無制限/月額料金格安のポケットWi-Fiも沢山出回っています。
子供の為だけではなく、自宅に一台あると助かります。
オススメはこちら。
>>>最短即日発送で工事不要!世界中で使えるクラウドポケット型Wi-Fi【ギガWi-Fi】

渋滞時間をさける

これも、とっても重要。
渋滞するのかどうかは、待つことが苦手な自閉症児にとっては最大の重要ポイントになります。

渋滞って大人も嫌ですもんね。

あと、可能なら休日をさけて平日もおすすめです。
学校は?!と思われるかもしれませんが、私は時には学校を休んで家族で体験を積み重ねる事も自閉っ子にとっても全ての子供達にとっても未来に繋がる最大のメリットだと思いますよ。

昼寝や、体調のコンディションを図る

これも大事。
とくに睡眠障害のある子などは、前の夜に薬を使ってでもちゃんと寝てもらう事。

母子ともに疲労のまま出かけるって危ないし、せっかくのお出かけ体験が台無しになる可能性もあります。

当日も早起きして、日中に遊び、夜に体の疲労を感じて眠るってとてもいい事だと思うのでぜひコントロールしたいですね。

まとめます!

自閉症児との、長時間の車移動はとにかく大変です!(余裕のお子さんもいるかもしれませんが💦)

自閉っ子の不安を取り除いてあげる為にも、お出かけが親にとっても子供にとっても「良かった」と思える思い出作りにする為に事前の調査はしっかりしておきましょう~!

今日は、ここまで!

【PR】みなさん、お出かけ時の親子のUVと虫よけ対策してますか??

我が家は、息子が皮膚が弱いので「赤ちゃんから使える」「お湯で落とせる」「紫外線吸収剤・ディート不使用」の【アロベビー UV&アウトドアミスト】を利用しています。

一本で虫よけと日焼け止めの両方の役割をしてくれて、しかも効果も高く肌にも優しい。
・楽天でも1位を獲得していて、万が一合わなくても返金保証付きです。
・一本でだいたい家族3人で使って、20~25日持ちますよ
>>>詳しくはこちら、1本で日焼け止め&アウトドア対策【アロベビー国産オーガニックUV&アウトドアミスト】