モラハラやDV、辛い結婚生活に意味なし【離婚を踏みとどまっているママ達へ】

離婚について

こんにちは、sallyです!

この記事を書いている私は、自閉症児2人を育てるシングルマザーです。

・小学校5年生の特別支援学校の女の子
・小学校3年生の特別支援学級の男の子

シングルマザーをしています。
数年前、自閉症の子供2人を連れて家を出ました。

そういう経緯もあってか、よく離婚をしたい女性から相談を受けます。
そんな女性たちの悩みは、過去の私と同じです。

・離婚したい
・だけど、離婚後の生活と経済面が心配
・そして、子供の事が心配

しかし、いずれにもしても「大丈夫、なんとかなる」を確信して離婚に立ち向かいたいように見えます。
過去の私にもいえますが離婚を決めるとは、どっちの苦労を取るか決める事なんだな~と思っています。

その、どっちとは…

・お金の為や子供の為に、辛い結婚生活を数十年耐えるのか?
・辛い結婚生活は逃げ出せるけれど、お金や育児に苦労する(かもしれない)生活をとるのか?

どちらの苦労が、自分にとってする価値があるのか?
それが、離婚に踏み切るのか、それとも結婚に留まるのか?の分岐点だと思います。

離婚って、人生の一大事。
それを決めるのは、自分です。

でも私は、今の「自由に呼吸できる喜び」「好きに笑える幸せ」「生きる事に、恐怖を感じない生活」を愛しています。この感覚を二度と手放したくないと思っています。

辛い結婚生活に意味はない

辛い結婚生活からは、逃げた方が良いと思います。

我々日本人は頑張り屋さんなので、我慢した先には幸せが待っているとおもいがちですが、そんなのは迷信程度の効力しかありません。
ときに人生は、我慢や苦労をする必要もありますが、その努力や苦労は明日の幸せにつながっていますか?

なぜ、結婚に縛られるのか?

そもそも、結婚って何のためにするんでしたっけ?
確か「この人とずっと一緒にいたい」とかでしたよね。

それって、長い歳月と共に忘れちゃうし、気持ちは変わっちゃうけれど結構大切なことだと思うんです。

一緒に暮らす家族の存在が「怖い」「恐怖」「嫌悪感」「不快感」なんて普通じゃない。
それなのに、結婚生活を維持する意味があるのか?

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、男女間におけるプライオリティは結婚を継続する勝負事の様な形式ではないはず。

「大切にしたい存在なのか?」
「守ってあげたい存在なのか?」
「愛情があるのか?」

そんな事を、もっと重要視すべきだと思うんです。

なぜ、結婚にこだわるのか???

なぜこんなにも結婚にコダワリ「結婚こそ女の幸せ」で、「離婚したら不幸だ」と思い込んでいる人がおおいのか??

多分、日本独特の風潮なんじゃないかな~と思ってます。
「個人の幸<世間体」みたいな…。

日本の時代背景には
「一度結婚したのだから添い遂げる」とか「子供の為に、冷めきっていても夫婦関係を維持する」とか「お金の為にだけ、結婚生活を維持している」なんてのもよく耳にします…。

いやいやいやいや…。

実は、日本だけなんですよ。
先進国の内、結婚しないと子供が産めないのは。

先進国なのに、結婚の制度だけが昔から変わらず、とても保守的。
離婚したいのに「世間体」や「子供の為」「親の為」にがまんする事に囚われている人がおおいように思います。

先進国なのに、個人の在り方が発展途上国。
経済は先進国なのに、結婚の制度が発展途上国。

国や過去の制度や風潮が一番で、個人の考えは二の次、そんなのおかしいでしょ。
どんな状況でも、個人の幸せが一番大事。個人が幸せじゃないと、一番大切な人の幸せも想ってあげられない。

個人の幸より、国の風習をや世間体を守るために結婚生活の維持…
ちょっと日本国民として残念だな~と思います。

冷めきった結婚生活を、耐える価値があるのか

私が、思うに冷めきった結婚生活を維持する価値は次の2つ。

  • 経済的に追い詰められない
  • 子供に両親揃った状態を提供してあげれる

経済状況

経済状況は、とっても大事です。
お金がないと、暮らしていけないから。

でも、ひとり親が生きていくのに十分なだけ稼ぐって、今の日本じゃものずごく難しい。

だって、子供を育てるには「稼ぐ事」と「世話をする事」「家庭を運営する事」を夫婦で分担しあう必要がある。そうしないと、生活が回りません。

多くの場合は女性が、子供の世話と家事を引き受けますが離婚してしまえば、稼ぐ役も自分で担わないといけません。(本当に、シングルマザーの生活って先進国とは思えない苦労が沢山あります💦)

こうした状況が、継続するに値しない離婚のハードルを物凄く高くしているんです。

「自分で全ての苦労を抱えて、ひとり親で生きる覚悟を持つのか?」
「それとも、夫に稼いでもらうから、苦痛の生活を数十年耐えるのか?」

どちらも、選択肢が極論すぎますよね。

色々ありながらも、夫婦がお互いを必要とし続けれればいいのだけれど、それが出来ない場合だってある。

個人的に一番みじめだなと思うのは
「私さえ我慢すれば、子供達にも可哀そうな思いをさせることなく、夫婦生活も維持できる」と、何十年も耐えた結果、我が子が「お父さんは必至で働いていて来たけれど、お母さんは結構自由でよかったね」と言われたりしたら、そういうのってものすごく惨めだな~となんて、思います。

子供を傷つける

あと、子どもにとって親の離婚は重大な問題でとても辛い想いをさせてしまいます。

でも、私は佐々木正美さんの言葉に救われてきました。

・両親の離婚を引きずるような子どもには、これまで出会ってきませんでした

・両親が揃っている家庭であるか、ひとり親であるかということとは、本質的には関係のないこと

・離婚はその人自身が真剣に悩み、最終的に下した決断です

・子どもに対して負い目を感じる必要はありません

・あなたとパートナーの意思で決断したことで、社会的に悪いことをしたわけではありません


上述しましたが、夫婦仲睦まじくすごせるなら、それに越したことはない。

でも、夫婦の不仲を子供に毎日見せることだって虐待の様なもの。

「両親揃っていないと」と意見する方たちには、そうした深い部分もしっかり考えてもらいたい。
あんた、誰だよって話です…💦

じゃあ、どうすれば???

ここまでをまとめると、やっぱり冒頭でのメッセージにたどり着きます。

価値のある苦労はどっちなのか?
どちらの、苦労ならば「自分にとってする意味があるのか?」

・お金の為や子供の為に、辛い結婚生活を数十年耐えるのか?
・辛い結婚生活は逃げ出せるけれど、お金や育児に苦労する(かもしれない)生活をとるのか?

時代は令和なのに、結婚や離婚に対する偏見は大昔のままだな~つくづく感じます。

「まだ結婚しないの?」「離婚してどうするの?」と親や親せき、ときに上司にまで言われたりする場合もあるそうです。

離婚した女性に「バツ」をつけるのも変な風習だなと思っています。

それに、「愛情もないのにお金の為にあなたといるのよ」なんて、本来は相手にも失礼な話ですよね。

シングルマザーを助けてくれる制度

とはいえ、ひとりで子供を育てていくってやっぱりメチャクチャ大変なんです。
一言で纏めれば「お金が必要」

時間をすり減らし体力を限界まで消耗して、お金を稼ぐ。
お金を稼いだことで、ストレスが溜まって、時間や疲労を節約する為にお金を使う。

考えてみるとすごいサイクルですよね。

シングルマザーを助けてくれる制度と、紹介しておきます。
リンクからとびます→こちら

まとめ

ここまで読んでくれた方が、どんな理由で離婚したいと思っているのかはわかりません。
モラハラやDVは本来、耐える事に一つも意味がありません。

あなたは、もっと愛されるべきだし出来れば逃げて欲しい。
それでも怖いという人は、少し行動を起こしてみましょう。

私も行動を起こしたことで、人生が動き始めました。→その内容はこちら

今日は、ここまで~。

【PR】在宅ワーク
シングルマザーでも働きやすく、就労証明も出してもらえる在宅の求人検索サイトがあります。
在宅で収入を得る事も視野に入れて、就職活動してみませんか??
>>>主婦の在宅ワーク求人多数!募集中の在宅・時短のお仕事情報を今すぐチェック!