障害児との外出に寛容になって欲しい【そこに居るのを当たり前に】

子供達の事

こんにちは、sallyです。

sally
この記事を書いている私は、自閉症児2人を育てるシングルマザーです。

・小学校5年生の特別支援学校の女の子
・小学校3年生の特別支援学級の男の子。

先日、娘と同じ特別支援学校に通う子のママが「子供を病院に連れていくのが申し訳ない」と言っていたんです。

何でかを聞いてみると「暴れるし、看護師の方たちが大変だから」と。

過去に何度か病院での検査を、ダウン症を理由に断られた事もあるそう。

それっておかしな話だし社会問題だなあと思いつつも、そうした経験は私にもあるんですよね。

普通の家族と同じ様に病院に行く事や公園に行く事は、私たち障がい児ある子を抱えた家族にとっても当たり前の事であってほしい。

でもみんなにとっての当たり前に出来る事は、障害を抱えた子やその家族にとってはハードルが高い。

それって、その家族に問題があるのではなく、そうした家族を排除してしまうような環境に問題があるんじゃないだろうか。

でも、それがあまりにも理解されていない…そうした気持ちを、言語化させてください。

障害児との外出に寛容になって欲しい【そこに居るのを当たり前に】

私の娘は特別支援学校に通っています。

その特別支援学校の在り方がとても心地いいし、その子に沿った指導方法で娘が生きていく為の多くを無理なく学んでいく姿に感謝の気持ちでいっぱいです。

でも本心では、地域の学校と特別支援学校を分ける事については反対です。

特別支援学校は素敵だと言っておいて、学校を分ける事に反対とは矛盾しているようにきこえますよね。

特別支援学校の持っている、障害を抱える子やその家族にとって「排除された気にさせない」配慮が、地域の学校の中にも持ち込まれるといいですよね。

本当は、どんな環境でも障害を抱えた子が過ごしやすい環境があって「あなたは、ここに居るのが当たり前なんだよ」と思わせてくれる環境が整っていれば最高ですよね。

それが、インクルーシブ。

でも、それが今は学校を分けないとできない…おかしいなあ。

インクルーシブ導入が、インクルーシブを遠ざけてる

インクルーシブに関する記事にも書きましが、インクルーシブをの理念って「障害者が一般的な教育制度から排除されないこと」なんですよね。

でも日本の場合、導入した事で「障害のある子を特別に定型発達のクラスにご招待」みたに感じ取れてしまうのは私だけでしょうか。

インクルーシブって制度だけが介入してきて、本当の意味で多くの人に理解はされていない。

社会を良くしようと思って導入したインクルーシブ教育が、本当の意味でのインクルーシブから遠ざかってしまった気がしてなりません。

優しい牙が生えている子はいないかな…

「インクルーシブが遠のいている」と、上述しておいて、また反対の事を言う羽目になりますが、時代と共に福祉環境は良い方向には向っているんです。

例えば、私が子供の頃には特殊学級(今の特別支援学級)の子と会話する事なんてなかった。

でも、今の通常級の子供たちって、支援級に在籍する息子に普通に声かけてくれるんですよね。

それって、本当にありがたい。

でもね、やっぱり呼び方は「3-3組の○○君」ではなくて「○○(支援級)学級の○○君」なんですよね。

支援級の子に対して「一緒に出来るんだったら、通常級においでよ?!」っていう意識。

それは、優しい様に見せて実は残酷なんですよね。

誘ってくれた通常級の子に罪は一切ない…
でも、支援級の子が通常級に居て当たり前の存在になれない環境には罪がある。

障がいを抱えた子が、みんなと同じ場所に当たり前に存在できるような環境は、今の日本じゃ程遠い。

でも、これは支援を批判しているのではなくて、人手が足りないとか予算が足りないとか、知識が足りないなどと言う根の深い問題だと思っています。

障がいを抱える子も、一緒に授業を受ける事が当たり前になるように

「障がいを抱える子も、一緒に授業を受ける事が当たり前になるように」っていう考えは一体いつになったら浸透するんだろう。

けして「障害のある子も普通級に入らせろー!」と躍起になっている訳ではありません。

だって、障がいを抱える子が普通級に在籍しようと思えば、やはり特別に支援が必要になる。

人の手や、多くの配慮が必要になってくる。

説明が上手くされていなければ、定型発達の中にはそれが「配慮」ではなく「えこひいき」に見えて不快になってしまう子もでてくるかもしれない。

だから、誰かを不快にしてまで「支援児の配慮を優先するのが大事だ!それこそ弱者支援だ!」なんて声を上げるのは良くないと思うんです。

大事なのは障害を抱えていてもそうでなくても、全ての子どもが「人にはそれぞれ違いがあるんだ」と理解していく事。その上で一緒に学ぼうよと思ってくれたら、私にとってこの上嬉しい事はありません。

支援児童だけの特別配慮ではなく、全ての子が過ごしやすい様に

今回のこうした議題に関しては、障害を抱えた子だけの話じゃないんです。

例えば勉強についていけない子が「分からない」と、発言しやすい環境を整える事だって支援のひとつ。

それだけで、全ての子供にとって授業がいやだと思う窮屈さが一気に減ると思うんですよね。

そもそも学ぶ事って、子どもの「なんで」「どうして」「わからない」を引き出し、「知らなかった事を知っている状態」にしてあげるのが教育だと思うんです。

で、よく教師の側も色々責められることが多いとは思うんですが、ひとりの教員に責任がのしかかり過ぎですよね。

人手不足とは言われていますが、シニア層に方々だってまだまだ人の役に立ちたくて短い時間働きたいひともたくさんいると思うんですよね…

まあ、この辺り話出すとまた長くなりそうなので、別の機会に…。

「ハンディは補えばい」いという考え方にシフトして欲しい。

「障がい児も、そこにいる事が当たり前になるように」…

障がい児だけじゃない、母国語が違っても人種や宗教が違っても、日本の学校に通うのなら全ての子が排除感を感じない環境が整ってるべきなんですよ。

うまく表現できないけれど、立場や見た目で分けられる事のない偏見のない時代っていつやってくるんだろうとおもっています。

障害を抱えている人の事を「出来ない事がいっぱいある人」から「サポートがあればできる人」と思ってくれる人が増える時代が早く到来するといいな。

そして、人はみんな何かがたりないのだから「出来る人が、出来る範囲で助け合えたらいいよね」って考えたが多くの人に定着してほしいな。

今日はここまで~

PR:デジタルコンテンツで出来る事が増える障害を抱えた子達

タブレットとイヤホンをもてば、公共の場に出かけて落ち着いている事が増えた、我が家の自閉っ子。

タブレットを利用してYouTubeで音楽や動画を見て過ごせば(イヤホン必須です笑)、公共の場で利用する事で、今まで行けなかった場所に行けるようになりました。

スケジュールの管理も、タブレット内で直ぐに提示してあげる事が出来るし時代の進化最高です!

で、iPadなどのデバイスも必要だけど、出先のWi-Fiが凄く必要なんですよ。通信制限になるのは困るし、料金も超過したくない…そんな時、持ち出し可能で、格安定額料金のポケットWi-Fiがオススメです。

どこでもWi-Fiやパケット代を気にせず使えて、安いし小さい。
気になる方は↓↓↓

【PR】オススメをWi-Fiです!
>>>最短即日発送で工事不要!世界中で使えるクラウドポケット型Wi-Fi【ギガWi-Fi