【育児が辛い】母親が向いていないと感じたら読んでほしい

ママの事

こんにちは、sallyです。

sally
この記事を書いている私は、自閉症児2人を育てるシングルマザーです。

・小学校5年生の特別支援学校の女の子
・小学校3年生の特別支援学級の男の子。

本当は、にこにこ笑っているママになりたかったのに今日も、疲れた顔で子供と向き合ってしまった。

私にはそうした事がよくあり、もういい加減そんな自分が嫌になります。

けれど、友人の発した一言がずっと頭にのこっていて、そして少し救われました。

友人

衣食住を与えていて、子供が笑っていればいい母親なんじゃない?

私は、この言葉を聞いてとても気持ちが楽になったので、同じ様に育児が辛いママ達の心に少しでも届けば幸いです。

【育児が辛い】母親が向いていないと感じたら読んでほしい

育児に向いていない人とみんな一度は感じます。

そう思ったのなら、既に頑張っている証拠だし、既にいい母親です。

思い起こせば、私も周囲から、穏やかとか忍耐強いと言われていたのに…sallyは育児をしながら人格がかわってしまいました。

2歳差の自閉症児達を育てながら、自分の怒りの沸点の低さを痛い程に知りました。

育児で落ち込む日々のなか「これでいいんだ」と前を向けるようになったのは、冒頭でお伝えした通り「衣食住が提供できていればいい母親」と友人が言ってくれたからです。

だから、みなさんもきっといい母親。

今回はその事をお伝えする前に、少し育児がどれだけ大変なのか見つめなおしていきましょう。

育児と家事が計画通りに進まない。

子どもがどんなキャラクターであれ、育児は途轍もなく大変なんですよ。

・子どもはぐずります
・大人が思い描いた通りには、絶対動きません
・大人の作業をさえぎるプロです

子どもは、公共の場であれ親がどんなに急いでいる時であれぐずります。

正しくは泣き叫びます。

そのうえ、大人が「やめて~」と思う事をやり続けるし、注意するとまた泣き叫ぶ💦

さらに、大人の作業をさえぎるプロです。

料理を作っていると「みて~」とやってきて、家事をさえぎる。

ちょっと目を離せば部屋が大変な事に…。

長蛇のレジにならんで、もうすぐ私の番~ってときに「おしっこ」と言われた事も何度もあります。

子どもがいなければ、全てスムーズ進むはずの一日が、子供に振り回されっぱなしです。

そんな、毎日の繰り返しがどんなに疲れるのかは体験したもののみぞ知る…。

そんな自分をダメな気持ちにさせるもの

普通だったら、これほどの疲労感をかんじていれば達成感がセットでついてきますよね。

でも、育児は達成感がないんです。

今日頑張ったからと言って、明日の仕事量が減るわけでもない。

誰もほめてもくれないし、評価もされないし、無報酬。

今日も育児、明日も育児…世の中は休日や連休だとしても、私は育児。

もちろん、我が子は可愛い…でも、私いったい毎日なにをしているんだろう…。

そんな虚しい気持ちが、心も体も覆いつくしていくんですよ。

本当は、育児は凄いんですよ

でも、今日はsallyが地球全てのママの凄さを語ります。

育児って本当は、ものすごく大変な事。

達成感も、報酬も、ねぎらいの言葉もないとしても、人間を一人育てているわけですから、それは凄い以外の何物でもありません。

それに、子供を産み育てるって言う事は、未来の日本に貢献し社会的にはものすごい事を生産している。

それを、全ての方々に忘れないでいただきたい!

子どもに衣食住を当たり前に与えている事は凄い事

日本ってかつて経済大国で、今でも先進国なんですよね。

なのに今の日本では、虐待のニュースを含め「衣食住」を提供できてない人が一定数います。

それはママが悪い場合も勿論あります。

でも、その背景には貧困だったり、ひとり親のなのに病気で身寄りすらない状況だったりと理由は様々。

環境が豊かでも食事が食べれない子も…

以前びっくりした事があったんです…

公園でママ同士の雑談が聞こえてきて
「昨日は夫婦共々飲みたい気分だったからおつまみ買っておしまいにして、子供もおつまみつまんでおしまいにした」って、言っている人がいて私にはかなり衝撃的でした。

もちろん、その家庭の子にとっては晩御飯がおつまみだけのこともあるだろうし、それがその家族にとっては当たり前なんだと思う。

でも、ちょっとだけ私にとっては衝撃的だったんですよね。

せめて子供におにぎりだけでも…作れとは言わない…買ってでも食べさせてあげたいと思ってしまったんですよ。

まあ、家庭それぞれ事情はあるのだろうけれど、毎食食事がとれて、毎晩布団で寝れる、帰ってくるお家があるって幸せですよ。

でも忘れて欲しくない事がある

衣食住を与えていれば、OKなのかって答えには「NO」なんです。

もう一つ大切にして欲しい事は、子供って大人の所有物じゃないという事。

そんなの誰も分かってるとは思うけれど、私も良く忘れちゃうので大人の方が積極的に気付いてほしい。

大人って知識量も経験値も子供より多いから、子供の為と思って厳しくしかる時もある。

でもね、だからと言って子供たちより偉いわけでも正しいわけでもないんですよね。

本当は逆で、育児の失敗や母親の人としてのダメさをいつも許してくれるのは子供たち。

むしろ、失敗なんて私の方が多い日だってある。

親子でどっちが迷惑をたくさんかけているのか…我が家の場合それはトントンだと思う。

子どもには子供の人生があって、私の顔色を伺ったりせずに生きて欲しいなあと思うんです。

その上で、シンプルな生活でお互い笑えることが一回でも多かったらいいよねと思っています。

今日のsallyのまとめ

育児って本当に大変で、かなり前に才色兼備と言われていた女子アナの方が産後うつになり、自ら命を絶ったというニュースを耳にした事があります。

それくらい、人の命を産み育てていくというのは大変な事なんですよ。

子どもも未熟だし、ママだって子供が生まれた事で突然ママになった訳だからまだまだ未熟。

お互いの未熟だよねって認め合えば、きっとストレスだって減っていくはず。

そんな風に思えたなら、もう自分で「いい母認定」してもいいんじゃないかな?と思う様になりました。

私はいい母だし、あなたはもっといい母。

着る服があり、安心して寝る場所があり、ご飯をちゃんと提供してるって凄い事。

そして、今日子供の笑顔みました?あなた一回でも笑いました?

いま笑ってみてください。笑えたならもういい母なんだと思います!

ママって誰にも代役が聞かないからこそ、物凄く尊い存在。

そんな尊い仕事を、無償で人生かけてやっている私達は素晴らしいんですよ~

今日は、ここまで~♪

PR:小さい子やペットがいるご家庭へ、床は綺麗ですか?

掃除も手放そうと言っても小さい子がいる家庭は、フローリングにご飯粒が残ってしまっていたり掃除機では取り切れない汚れもありますよね。

散らかっている事と不衛生である事は、全く別のことなんですよね。

とくに、掃除機と違って水拭きは大変だし疲れます。
赤ちゃんや幼児がいるご家庭だけでなく、ペットがいる家庭も「掃除機と水拭き」両方をなんとかしたいですよね。

なぜなら、不衛生はアレルギーなども悪化しますしウイルスやダニの増殖にも繋がる。

だから、ここでおすすめなのが吸引と水拭きが同時に可能 高性能ロボット掃除機ディーボット オズモ930、値段も12,000円代~と超お手頃です!

安さが普通の掃除機と変わらないですよね。

それに、レンタルもあり気に居ればそのまま買い取る事も出来ます。

雑巾なんてしなくても…と、私もおもっていましたが実際に掃除してもらうと全然違うんですよ!体験しなければわからないかもしれませんが、感動します。

なのでレンタルからでも一度体験してほしい!
>>>清掃力抜群!エコバックスロボット掃除機