自閉症児、10歳の壁で落ち着くって本当?【姉弟2人を比べてみた】

子供達の事

こんにちは、sallyです。

この記事を書いている私は、自閉症児2人を育てるシングルマザーです。

・小学校5年生の特別支援学校の女の子
・小学校3年生の特別支援学級の男の子

娘はこの夏で11歳、息子はこの夏の終わりで9歳。

自閉症児を育てていると、どこからともなく「10歳の壁」「10歳程度を境に落ち着く子が多いよ」なんて聞く事があります。

実際に、10歳前後の我が子達はどうなのか?
せっかくブログもしている事だし、我が子の成長と照らし合わせて考えて行きたいと思います。

実際に自閉症児の子達の成長は、それぞれですが、我が家の自閉っ子の生活が少しでも誰かの参考になれば幸いです。

自閉症児10歳の壁で落ち着くって本当?

時々耳にはしていましたが「10歳の壁」って何だ??と、この記事を書くにあたって気になってネットで調べてみました。

色んな説がありましたが、大きく2つ。

  1. 自閉傾向のある子が普通級で頑張っていたけれど、10歳前後で授業についていけなくなる説
  2. 生粋の自閉っ子が10歳前後で落ち着く説

我が家は「②」の子、前提で10歳前後でどうなのか?って感じで話を進めていきますね。

言語・表現

【娘】
・顔を見て話す事はまだ難しいし、単語は構出てくるようになりました。
例:YouTube、おやつ、食パン、散歩、食べる
・あと、「手伝って」等の助けを求める言葉が出るようになりました。
これは、本人にとっても周囲にとっても画期的です。
本人の困り感を「手伝って」の一言でこちらもサポートできるので、パニックが減りました。

【息子】
・おしゃべり大好きです!大好きなんですが、会話が一方的な事もまだまだ多い。
・空気を読んで喋る事が少し難しく、店員や街ですれ違う人にも「チャンス」と思えば話しかけまくりです。
・でも、「今は静かにしてね」と、ゆっくり説明すればわかる所が彼の凄い所だな~と思っています。

パニック

【娘】
・見通しがつかない時や、何の待ち時間なのか分からないと不安になってパニックになる事が多いです。
・5歳まではパニックを納めるのに2時間とかかかっていたし、物凄い他人に噛みついたりと他害行為が凄かったです。
・8歳くらいまでは、パニック時の他害行為以外に加えて自傷行為も増え始めました。物にあたる事もふえましたが、その分パニックの時間は短縮されました。(30分程度)
・そして10歳前後に向けて、必死でパニックにならない様に泣き狂ったりしているのが見受けられます。
・パニックになってしまった時は、必死で落ち着こうとしているの見受けられます。
・しかし、まだ他害行為や自傷行為、物にあたる事も多々あります。
・現在、パニック時間は15分~30分程度

【息子】
・パニックは小さい頃からありません。
・ただ怒りのコントロールが難しく、普段は物凄く温厚なのに一度怒ってしまうと手が出ます。
・しかし年齢が上がるにつれて「何故、僕はイライラがコントロールできないんだろうね」と、聞いてくることがあり、自分でも感じている様です。(これ、大人でも気付ける人いないので凄いな~と思っています)

排せつ

【娘】
・なぜか失敗が増える時期が(10歳時点で、3か月程度)続きました。二次成長によるイライラもあったと思います。
・排便がしたくて、自分でトイレに行く事もありますが、まだまだ促しが必要です。
・初めての場所や慣れない場所などだと、トイレの場所が分からず排便の失敗もあります。
・排便時は、拭きあげを支援者がしてあげる必要がまだありす。
※娘のトイレ事情については、こちらに詳しく書いてあります→娘のトイレ事情

【息子】
・基本的に漏らす事もなかったですが、排便の際に自分では拭けない…と言っていた8歳前半。
・8歳後半あたりから「拭くの僕自分でやってみる」と思い立った事から、トイレの自立成功に至ります。

洗面

【娘】
・ハミガキは仕上げ磨きが必要。まだ雑な部分が多いです。
・洗顔はお風呂では自立可能。朝は濡れたタオルで拭いてやっています。
・髪を結ぶは当面無理そう…💦髪をとくは練習中でかなりうまくなってきました。
・風呂でのシャンプーや体洗いはまだ難しそう。

【息子】
こちらから促せば、ばっちりです!
しかし、風呂でのシャンプーや体洗いはまだ難しそう。

心情(睡眠や体、メンタルの事)

【娘】
・一日を通して、嫌だったことが多いとフラッシュバックがあるのかな?寝る前にパニックになったり夜中に起きてしまったりしています。しかし、幼い頃に比べると起床する量は半減しています。
・体つきは10歳になった頃から胸が膨らんできたり、がりがりだったからだが少し丸みを帯びてきました。
・メンタルはきっとすごく成長しています。
パニックを抑えようとする姿、自分が悪いと思ったら時間が経ってからですが明らかにパニックとは違う泣き方で(シクシクとした感じ)で泣いています。

【息子】
・睡眠は小さい頃からよく寝る子でした。
・体は、肥満体形になってしまいました。小さい頃から出されたものはお腹がいっぱいでも食べ過ぎてしまう傾向があり…私を含めて声がけ不足だったなと反省中です。
・メンタルは物凄く成長しました。一方的な会話も、「今は静かにしないといけない」等を、こちらが話せば止めてくれる事もあります。

自閉症の子の成長を見守るって、凄い事。

自閉症の子の育児って、辛い時は本当に辛いです。

そして「今日は穏やかかな?何も起こらないかな?」と、日々ビクビクするようなストレスを感じる日も沢山あります。

疲労も半端ないし。

でも、自閉っ子のママ達は、本当に受賞ものの人生だな~と思っています。

数年間のあいだ何も疑わずに我が子を育ててきて、「最強に可愛いな」と母性が全開になったところで「自閉症です」と診断を受けてどん底に落とされる。

それでも、また止まる事の出来ない育児を続け、自閉症の我が子を育てるって、本当に凄い事ですよ。

自閉症育児だけ?!育児全般すごい!

自閉症育児に関わらず、人間を産み育てるって凄いんです。
妊娠して、命懸けで子供産んで、睡眠や体力削ってまで一生懸命育てて、自分の事も二の次って生活なのに無給。

育児って本当に、壮大すぎるし、これって愛でしかない。

食事も、睡眠も、お出かけさえも必要以上に色んな事を考えるようになるし、これって子供を産まなければ知る事の出来なかった新たな自分を知るきっかけでもあります。

先日、ベビーシート付の多目的トイレで不倫をしていた芸能人の話題がワイドショーをにぎわせていましたが、そういうのも独身だった頃と、子どもを産んでからじゃ感じ方も違う。

けして、独身時代だって世に恥じるような生き方をしてきたつもりはない。
でも、独身時代だったころ、世のママ達や障がいのある方に、私自身も配慮がなかったんじゃないかと、自分の過去を振り返ってしまう事もあります。 

人生は何度でも、やり直しがきく。

子供を産む前と、産んだ後でガラッと生活も価値観も変わってしまう女性の人生ですが…

障がいのある子を、育てていると、更に気付く事がいっぱいありますよね。

「普通ってなんだろう?」とか「何も悪い事をしていないのに、感じるこの排除感はなんだ?」とか…。

そう、何も悪いことしてないのに、大変すぎる…。
そう、障がいがある事がわるいことじゃなくて、障がいのある人が暮らしにくい社会が悪いんだ…!

などいろいろと、社会の在り方も考えるようになるんです。

そんな風にして、ありきたりの人生を生きていては感じる事の出来なかった「障害のある子の親」という立場を歩む事になるんです。

障がいがあるからと言って色んな事を諦めるんじゃなくて、障がい児と共にいきているのだから色んな事にあえてチャレンジしてみよう!と、思ってみてもいいのかな~なんて感じています。

まとめ

自閉症児の育児は、定型発達児の子の様に手がかからないくなる育児ではありません。
でも、少しずつ確実に成長していきます。

3歩進んで2歩下がる事もありますが、結果1歩進んでいるんです。
それって、すごい事だと思いますよ!

今日はここまで!

【PR】
日本のママ達が少しでも、家事を楽にして笑っている時間が長くなることを望んでいます。
料理を楽にしてくれるサービスはこちら
>>【kit Oisix】20分で2品作れます♪
お買い物が楽になる、サービスはこちら
>>最大1,100円もお得!初めてなら断然こちらのセットから!!

そして、風呂上がりのスキンケアも楽で美肌になれたら、この上ないな~と思っています。
>>>顔がプリッと上がってくる、世界で初めての葡萄樹液
>>>次世代型オールインワン化粧品【コンシダーマル】

関連記事
忙しい育児中の主婦に最高!オールインワン【葡萄樹液】の徹底レビュー!
簡単なスキンケアで美容効果大!オールインワン【コンシダーマル】の徹底レビュー!