ひとり親世帯の方、新型コロナにより臨時特別給付金が貰えます

ひとり親と離婚

こんにちは、sallyです。

この記事を書いている私は、自閉症児2人を育てるシングルマザーです。

・小学校5年生の特別支援学校の女の子
・小学校3年生の特別支援学級の男の子

4連休真っただ中なので、ブログをしっかり書く時間がなく…💦
それでも何かお役に立てればと思い、今日は「ひとり親世帯への臨時特別給付金」のお話をしたいと思います。

~ひとり親世帯の方へ~
子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯を支援するため、臨時特別給付金を支給がされるようです!

ひとり親世帯臨時特別給付金というもので、1世帯あたり5万円が支給され、第2子以降ひとりにき3万円が支給されます。さらに、コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方へ1世帯5万円の給付があります。

調べてみたので、すこし詳しくお伝えしていきます。

ひとり親世帯臨時特別給付金について

子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯については、子育てに対する負担の増加や

収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、

こうした世帯を支援するため、臨時特別給付金を支給します

引用:厚生労働省HP

新型コロナウイルスにより、収入が減少した事や育児負担が増えてしまった、低所得のひとり親世帯に給付金が支給されるようです。

支給額は、状況によって違いますが1世帯5万円が最低額となっています。

支給対象者

1.基本給付
児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付※1
※1 児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象になります
(1)令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方
(2)公的年金給付等※2を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方※2 遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など
※3 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が、全額又は一部停止されたと推測される方も対象となります。
(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

2.追加給付
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付
上記(1)(2)のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方。

引用:厚生労働省HP

…となんだかめっちゃ難しそうなので、フローチャートがありました💦

引用:厚生労働省HP

給付額

1.基本給付
  1世帯              5万円
  第2子以降ひとりにつき      3万円
  
2.追加給付
  1世帯              5万円

親一人で子供1人だと、5万円の支給。
親一人で子供2人だと、8万円の支給、子供3人だと11万円の支給となります。

プラスアルファで、コロナにより収入が激減した家庭にのみ、+5万円が支給されるようです。
こちらは、一世帯当たり1口のみ(申請が必要なようなので、後述します)

受給手続

<支給対象者1(1)に該当する方>
基本給付申請不要です
※ご注意ください
給付金を希望しない場合には、送付する届出書を返送してください
・児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座を解約するなど、給付金の支給に支障が出る恐れがある場合には、振込指定口座を変更するまどの手続きをお願いします。
○追加給付は申請が必要です
定例の現況確認時(8月)などにあわせて、収入が減少している旨の申請を行っていただきます。<支給対象者1(2)(3)に該当する方>
基本給付、追加給付(1.(2)に該当する方)ともに申請が必要です。

引用:厚生労働省HP

追加給付をしない場合は、基本的に受給手続きは不要の様です。
追加給付をする場合は、各市町村に届け出が必要の様ですね。

気になるのは、自分が追加給付になるのかどうかですよね。
8月になると、児童扶養手当の現状届の申請も必要となるので、詳しくは、自治体に問い合わせてみるといいと思います。

まとめ

ひとり親世帯は、普段給食費なんかも免除してもらっている家庭が多いと思うので、コロナによる休校期間中の食事代、水光熱費も一気に跳ね上がりましたよね。

給食のありがたみに気付いた期間でもありました。

実際に、こんなに色々税金を給付してしまって大丈夫なのかな?と思うところもありますが、貰えるものはありがたく頂きましょう。

とりあえず、コロナにより収入が激減した家庭は「追加給付金」を申請しない事には貰えないので、お住まいの役所の担当に問い合わせてみましょう。

その他、医療従事者や福祉職の方々にも給付金あり

ひとり親世帯だけではなく、医療従事者や、介護職・福祉職の方々にも給付金があるようなので参考リンクを貼っておきます。

暮らしに役立つ、記事をご紹介