プロフィール

スポンサーリンク

 

sally
sally

はじめまして、sally です

プロフィールを見に来てくださってありがとうございます。

 

「sally」とかいて「サリー」と読みます。

Twitterもしているので、もしよければフォローしてください。

フォローはこちらからお願いします。

 

sallyの事

 

シングルマザー × 子供2人とも自閉症 × ワーキングマザー

と、結構忙しい生活をしています。

数年前に離婚して、シングルマザーをしています。
専業主婦だった私が、突然離婚してシングルマザーになりました。
でも、ずっとワンオペ育児だったので、あまり何も変わらないです。
しいて言えば「経済状態」くらいですかね…。
■子供達は2人とも自閉症で、2人とも小学生です。
2歳違いの姉と弟です。
姉は2009年生まれで、特別支援学校に通っています。
弟は2011年生まれで、地域の学校の特別支援学級に通っています。
■パートタイムで働いています。
子供が養護学校(特別支援学校)に通っていると、学校の開始時間も遅く、朝早くから働く事が出来ません。その為、パートタイムからのシングルマザー(ワーキングマザー)スタートでした。
でも今は「正社員」になろうとも思っていません。
ブロガーとして生きて、ブログでご飯を食べていけるように稼いで、子供達にも自立するという意味を見せていきたいからです。
好きなもの
■子供達
自閉症児が家に2人もいるという事は本当に大変だし、怒ってばかりの母ですが…この子達が居なかったら私は薄っぺらい人生を送っていたと思います。
どれだけありがとうを言っても足らない程、生まれてきてくれたことに感謝しています。
■外国語勉強(英語とブラジルポルトガル語)
もともと、英語を聞くのも話すのも好きな程、英語が好きです。
愛情を深く伝える表現が豊富だったり、喜びを表現する言葉も豊富だったり…。
海外文化にも興味があったので、独身の頃はバックパッカーやホームステイも体験しました。
だから、産後も時間があればYouTubeで英語を勉強したりしてました。
その後離婚しますが…。
人生は何があるかわかりませんね。
外国人の彼が出来ます。
子供達の事も一生懸命理解しようとしてくれていて、感謝しかありません。
そんな、彼の母国語はポルトガル語。
情熱の国なだけあって、英語よりさらに奥深さがあって、現在勉強中です。
■筋トレ■自転車(ロードバイクとマウンテンバイク所有)■YOGA
もともと、スポーツ大好きだったのですが、専業主婦だったり障がい児育児だったり、それ以外にも様々な理由から、好きな事に向き合う事が出来なかったです。
専業主婦だから、自由なお金なんてない。
障がい児がいるのだから、楽しんではいけない。
そんな風に思っていました。
でも、離婚を機に色んな意識が変わりました。
一度きりの人生、もっと楽しもう。
そして、子供達にも母の楽しむ姿と、本当の笑顔を向けようと思う様なりました。
人生は何度でもやり直しがききます。
「やり直したい事があるのなら、今日から!やり直すなら今でしょ!!」
■晴れの日
晴れの日が大好きです。
スポーツするにも最適で、子どもと遊ぶのも最適で、トリオで散歩するのにも最高です。
好きな事にあげるまでもないかもしれませんが、本当に晴れの日が大好きです。

このブログの事

我が家は、娘と息子と私の3人トリオで暮らしています。
なのでこのブログを「トリオダイアリー」と名付けています。

 

sally
sally

主に発信しているのはこちらの5つです。

①自閉症児の育児の事や、私が育児をしながら考えた事を発信しています。

②離婚について書いています。

③2回にわたる子宮頸部円錐切除術を経験してきた経緯を書いています。

④このブログの運営について書いています。

⑤お金の事

雑記間満載ですが、どれかが誰かの胸に響いたり、役に立ったり、共感してもらえるといいなと思っています。

ブログを始めたきっかけ

私が、子どもに多くの資産を残してあげる事はないかもしれません。
子供達2人とも自閉症なので、もし母が天国に行ってしまっても、その事が理解できないかもしれません。

でも、その時に「2人の親になれて幸せだった事」「他人に何と言われようと、自分の生き方に誇りもって、自分の気持ちを大切にしなさい」と、伝わればいいなと思って書き始めたのがきっかけです。

自閉症で、耳からの情報より、視覚的な情報が強いので、文字で残ったほうがいいかなと思ったのも理由の一つです。

 

2019年の11月5日にブログをスタートしました。
スタート時、40歳です。
私は40歳を「2度目の二十歳」だとおもって、色々やり直そうと決めていました。

「人生は何度でもやり直しがきく」と信じています。
そして、我が子も出し、沢山の人が、そんな気持ちを強く持ち、一度きりの人生を楽しくチャレンジしてほしいなと思っています。

出来るだけ長ーく、このブログが続いていきます様に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました