障害児との外出|社会勉強も兼ねているため寛容にお願いします!

こんにちは、さおりと申します。

私は、自閉症児2人のひとり親をしています。

👧2009年生まれの特別支援学校に通う、自閉症の女の子
👦2011年生まれの特別支援学級に通う、自閉症の男の子

先日、障がいを抱える子のお母さんが「子供を病院に連れていくのが申し訳ない」と言っていたんです。何でかを聞いてみると「暴れるし、看護師の方たちが大変だから」と。そのお子さんはダウン症を抱えているのですが、障がいを理由に断られた事もあるそう。それっておかしな話だし、闇の深い社会問題だなあと思いつつも、そうした経験は私にもあるんですよね。

 

多くの家族と同じように病院へいったり公園に行ったりする当然のことは、障がいある子を抱えた家族にとっても当然のことであってほしいんですよね。そうした当然と言われることは、障がいを抱えた子やその家族にとってとてもハードルが高く豊かなこと。そうした気持ちを、言語化させてください。

障害児との外出|社会勉強も兼ねているため寛容にお願いします!

障がいのある子を公共の場に連れ出すのに躊躇してしまう親御さんが気にしているのは、周りの目なんですよね。「迷惑がかかる」とか「申し訳ない」とか。その気持ちは私も大いにわかりますが、障がいのある子にとって多くのリアル社会を知ることになる公共の場は、学びの場なんです。

 

本や学校で、社会のルールを学んだとしても、ところ変われば状況に適応できない子が多いのも障がいを抱える子のリアル。だから、お出かけでのトラブルは実践も兼ねているんです。ときに迷惑をかけることもありますよ。世間の皆様には、少し寛容でいてくださいと思っています。

障がい者と定型発達者を分けて考えることについて

 

私の娘は特別支援学校に通っています。学校の在り方がとても心地いいし、その子に沿った指導方法で学ぶことが出来るために生き辛さを抱えている子ほど過ごしやすいですし、その親も安心です。私もその中の一人で特別支援学校に行かせて本当に良かったなと思っています。

 

しかし矛盾するようですが、地域の学校と特別支援学校を分けることについては反対です。特別支援学校の在り方や支援方法が、公共の場や地域の学校でも配慮されていて「あなたは、ここに居るのが当たり前なんだよ」と思わせてくれる環境が整っていれば最高ですよね。それをインクルーシブって呼ぶんですよね。

 

インクルーシブをの理念って「障害者が一般的な教育制度から排除されないこと」なんですが、私が経験したインクルーシブや交流の場では「障害のある子を、今回は特別に定型発達の場へご招待」みたいな排除感を感じてしまうのは気のせいでしょうか。インクルーシブって制度だけが先行してしまい、本当の意味でのインクルーシブは多くの人に理解はされていない。社会を良くしようと思って導入したインクルーシブ教育が、本当の意味でのインクルーシブから遠ざかってしまった気がしてなりません。

 

でも、時代と共に福祉環境は良い方向には向っているんです。私が子どもの頃には特殊学級(今の特別支援学級)の子と交流することなんてなかったですよ。今の定型級の子どもたちって、支援級に在籍する息子に普通に声かけてくれるんですよね。それって、本当にありがたい。でもね、やっぱり呼び方は「3-3組の○○君」ではなくて「○○(支援級)学級の○○君」なんですよね。ここでもまた支援級の子に対して「一緒に出来るんだったら、通常級においでよ」っていう感覚が根付いている。それは、優しいように見せておいて、とても残酷なんですよね。支援級の息子に声をかけてくれる通常級の子に罪は一切ない…でも、支援級の子が通常級に居て当たり前の存在になれないのには、目に見えない大きな扉があるように感じます。障がいを抱えた子が、みんなと同じ場所に当たり前に存在できるような環境は、今の日本じゃ程遠いきがしてなりません。

人手が足りないとか、予算が足りないとか、理解が深まらないなどといった根の深い問題が多くあるんだろうな。

支援児童だけの特別配慮ではなく、全ての子が過ごしやすい様に

障がいの有無に限らず、全ての子が過ごしやすく暮らすって大切だと思うんですよね。勉強についていけない子が「分からない」と、発言しやすい環境を整えることだって支援のひとつ。でも理想の環境を整えるには人手が必要になる。今の環境じゃ、一人の教職員に負担や責任がのしかかり過ぎだし、かといって知識や理解の無い人をガンガン雇ってしまえば支援の質が落ちてしまう。

 

人手不足と理解不足…この辺りは日本の根が深ーい問題ではあると思います。でも、環境さえ整えば障がいを抱えた人が「出来ないことがいっぱいある人」から「サポートがあれば何でもできる人」と思ってくれる人も増えると思うんですよね。早くそうした時代が到来するといいな。人は皆何かが足りないのだから「自分の出来る範囲で助け合うことが当たり前になったらいいよね」って思っています。

 

話がかなり逸れましたが、障がい児の外出は社会勉強も兼ねております。パニックになっていても、うるさくても…ちょっとでいいんです「舌打ち」「にらみつけ」「文句」をぐっと飲みこんで「頑張れ!」って思ってもらえたら幸いです。

今日はここまで~

最新情報をチェックしよう!
>