【特別支援学校と特別支援学級】それぞれの、得るものと失うもの

こんにちは、さおりと申します。

私は、この子たちのひとり親をしています。

👧2009年生まれの特別支援学校に通う、自閉症の女の子
👦2011年生まれの特別支援学級に通う、自閉症の男の子

 

悩みますよね、障がいを抱える子の学校選び。   障がいの有無にかかわらず、子ども時代は色んなことを吸収できる。できるだけ時間を無駄にしてほしくない。いい失敗といい努力を繰り返して成長していってほしいんですよ、親としては。 障がいを抱える子の親は「特別支援学校か特別支援学級かで悩む」のだろうな~と思いまして。

 

今日は、娘を特別支援学校へ行かせ、息子を特別支援学校に行かせている私から親として感じる両方のメリットとデメリットをお伝えしていこうと思います。※注意:結構現実的です。

特別支援学校で得られるもの

 

  • 高い専門性教育が受けられる
  • 必要に応じで、少人数制や個別支援で取り組まれていて子供も学習に向いやすい
  • 子供の特性に関わる情報も自然と入手できる
  • 生きる力が付く
  • 高等部になれば職業訓練が受けられる

 

特別支援学校で得られる最大のメリットが「高い専門性教育が受けられる」だと思います。

 

地域差や学校差もあるとおもいますが、それにしても特別支援学校の教職員の方々熱心だな~と思います。

 

大きな集団のなかで、定型発達児向けの説明では理解できなかっただろう事を、個別支援で習得している娘を見ると、特別支援学校に行かせて本当に良かったと思います。

 

それ以外にも、学校の教職員が様々な放課後デイや医師との情報共有だったり、親の困りごとに積極的。そういった面でも、親も安心して預ける事が出来るし信頼関係が生まれます。

特別支援学校で失うもの

  • 通常学級の子ども、同世代の子どもと触れあう機会が少ない
  • 特別支援学校高等部を卒業しても、通常の高卒資格は得られない(ただし大学入学資格を得ることはできる)
  • 学校の始業が遅く、終業が早い(親の仕事に影響)
  • 地域差もあるが、学校が遠い場合が多い

私が最大のデメリットだな~と感じているのが「学校の始業が遅く、終業が早い」「学校が遠い(地域差あり)」です。

 

完全に親都合で、子供の支援関係ないじゃん!って言われそうですが、やはりまず家庭あっての子供です。稼ぐ事ができないのに、子どもを最優先ってなんだか違う!って思ってしまうんですよね💦

 

それ以外でよく耳にするのが、通常学級の子どもや同世代の子と触れ合う機会が少ないという事や、特別支援学校では通常の高卒資格は得られないという事。

 

個人的には、これらはデメリットとは考えていません。子供によると思います。

特別支援学級で得られるもの

  • 通常学級の子どもとのコミュニケーションなどの経験ができる
  • 発達の程度にあった指導を受けられる
  • 通常学級との行き来ができるようにもなる

 

特別支援学級で得られる大きなメリットは、通常学級との行き来が出来る事だなあとおもいます。

 

要は、本人の選択肢が増えるという事。
私自身は、これからの日本の福祉の課題は「ノーマライゼーション」だな~と思っているんですよ。

 

~ノーマライゼーションとは~

「障害のある人が障害のない人と同等に生活し、ともにいきいきと活動できる社会を目指す」と言う社会理念です。

 

障がいがある子にも選択肢が増えていってほしい!

特別支援学級で失うもの

  • 大きな集団が子供のストレスになる事がある
  • 将来的には高校では特別支援学級も設置されていないの(今後、変るかも?)
  • 特別支援学校と比べて支援が手薄(職員不足、知識不足)

上述した通り、ノーマライゼーションは素晴らしい事です。

 

しかし、まだまだ支援者不足、支援者の知識不足、一クラスの子供の多さ…等々(まあ国の予算不足もあると思いますが)、多くの子供の中で支援児童が生活するというのはストレスの方が勝るな~というのが正直な意見です。

 

素敵な理想を掲げつつも、実際は何も変化していかない日本のノーマライゼーション…ちょっとおかしいな~、そして世知辛い…。

 

あと、もう少し欲を言うのなら、どうせ同じ時間をつかうのなら授業が将来役に立つものだといいな~と思っています。

関連記事

こんにちは、さおりと申します。私は、この子たちのひとり親をしています。👧2009年生まれの特別支援学校に通う、自閉症の女の子👦2011年生まれの特別支援学級に通う、自閉症の男の子   […]

学校選びに大事なのは「プロセス」なんです。

それぞれの学校の、得るものと失うものをあげてみました。どうしても、学校選択をするときに将来の就職のことなどが頭をよぎると思います。しかし、個人的にはそんな先のことまで考えなくていいと思うんですよね。

数十年先のゴールより、子供時代の成長プロセスの方が重要。その理由は、時代が時代だから…時代のスピード感がひと昔前よりかなり早いんですよね。現在10歳未満の子たちは現在存在しない職種につくだろうと「なんだったかの書籍」で読みました(テキトウ…)子供たちの将来なんて今現在、予想できるものではないと思っています。

将来を考える

我が子の将来を親が考えたい気持ちは私もわかりますが、将来なんて予想出来ないほど時代の流れが速い!新しい仕事・知らなかった職種は次々と立ち上がってるし、大手・安泰と名を連ねる企業が次々と倒産したり…。一部においてはその業界ごと一気に無くなってしまうようなこともありそう。

定型発達だろうと障がいがあろうと、未来のことなんて分からない!困った時に「助けて」が言える大人になったり、愛されるような人柄になっていく努力や、今を楽しむことを忘れないようにしないとね…大人も子供も…と勝手に思っています。個人的には、まだ見ぬ新しい働き方に、どんどん立ち上がっていってほしい。

だからプロセスを愛せるか!?が大事なのでは。

子育てはあっという間といますが、結構長いです。18歳をゴールに設定したら、小学校入学の時点でまだ12年も残っています。

  • この12年間を、子供にどう生きて欲しいのか?親子でどう生きたいのか?
  • 子供が何を得る事が出来れば、自分がいなくなった後もなんとかやっていけるのか?

 

数十年先の自立の事も気になりますが、どういうプロセスで人生を歩んでほしいのかって結構重要だと思うんです。とはいえ、プロセスよりやっぱりゴールだという人もいます。こうした考え方の天秤のかけ方は、それぞれなので皆さんも良ーく考えてみてください。

結論:特別支援学校は人と違う人生を行く事になるけど、生きる力が付く

理想論で言えば、インクルーシブとかノーマライゼーションとか「障害のある人が障害のない人と同等に生活し、ともにいきいきと活動できる社会を目指す」ってすごくいいと思うんです。でも、特別支援級の「障がいのある子も、こっちにきてもいいよ~」みたいな制度ってまだまだ、インクルーシブには程遠いな~って。一緒に居ることが当たり前になる日はいつ来るのやら…。そう思うと、特別支援学校は人と違う道を行く事になるけれど、現在なら得れるものが多いのではないかと思うんです。

 

極論を言えば、障がいある人達が障がいからくるストレスを最小限にとどめて生きていければいいんじゃないかなあと思います。先の事なんて本当、分からないんです。

まとめ

 

特別支援学校と特別支援学級は双方にメリットもデメリットもあります。それは、個人によって感じ方が違うもの。私個人の感想では、今の福祉の状況だと特別支援学校って素敵だなあと思います。

どちらを選んでも、みんな時に悩んだり成長に涙したりしながら親子で頑張ってる。人生は本当に何があるかわかりません。子どもが自立するまでのあいだ、親子でどう生きたいのか、どんな思い出が欲しいのか、何をもたらしてあげたいのか。どんな風に成長させたいのかという理想なんかより、「今」にフォーカスした日々の方がよほど重要なんじゃないかなと思っています。

 

みなさんは、どう考えますか?
今日はここまで~

>