【障害児|支援者向けQ&A】保護者の意見をお届けします

こんにちは、さおりと申します。

私は、自閉症児2人のひとり親をしています。

👧2009年生まれの特別支援学校に通う、自閉症の女の子
👦2011年生まれの特別支援学級に通う、自閉症の男の子

フツーのお母さんでどちらかといえば怠け者の私です。そんな私が自閉症の子を2人育てているということで、幾度かしかるべき場に呼ばれて登壇し手が講話したこともあります。そのときに聞きに来てくださるのは、加配教員や支援児童と関わる仕事をされている人が多かったです。

感想なども下さり嬉しい限り。

今回は、この感想などに寄せられている、支援者側の方からの質疑で多かったものを纏めていきたいと思います。登壇上では言えなかった気持ちも交えて発していきたいと思います。

 

支援児の親の一意見ではありますが、少しでも参考にして頂ければ支援児童との向き合う際の所感も変わってくると思います。

障害を知った時の気持ちは??

この質問いつも聞かれるんですけれど、気になるんですかね。でも本当多い。

 

私の場合は「自閉症なのかな」と、何となく予想はついていたものの「なにかの間違いであってくれ」と願いながら検査を受けに行きました。こころの準備ができていたにも関わらず、診断を受けた後は奈落の底に落とされた気分でした。

診断の時ことなどはこちらに、書いてあります。

加配職員に求めることは?

親の顔色を伺うよりもまず、子供のことを第一に考えて欲しいです。加配教員の方々って若い方も多いので、上司のことをきにしたり、保護者のことを気にしたりして自分の思うように動けない方も多いと思います。でも大丈夫、子供ファーストで行きましょう。

 

失敗したら、それはそれで問題改善のチャンスですよ!きちんと報告して一緒に考えて行きましょう!支援者と保護者はチームのように連携をとっていかければ支援は成立しないと思っています。子供のためを思い何かを施した結果、それがたとえ残念な結果だったとしても支援員の方の責任ではありません。「なぜダメだったのか」を考えながら次につなげるチャンスですよ!

加配職員にされて嫌なことは?

「これは許せない!」ということもありますが、それはやっぱり子どものことを考えずに行動された結果の場合が多いかなと思います。

 

申し訳なくもいくつか例をあげてお伝えさせていただきます。

カレーを4杯食べさせて嘔吐したとの報告があり、なぜそんなに食べさせたのかを聞いたら「食べるといわれたので」と…。
他所の子がうちの息子を殴って喧嘩になったところで迎えにいった私。炎上している息子と加害少年に対し、加害少年を私の所につれてきて「早くお母さんに謝って」と…。
息子もその少年も、まだ気持ちが落ち着いてないのに公衆の面前で私に謝りに来た気持ちを思うと心が痛い。

こういうのは両方なしです!なぜ、なしなのか分からない方は直接メッセージ下さい!…いや、それじゃ回答になってないですね。「配慮があれば、起こらなかった問題」「後にそれが、本人のためになるのか」を考えた支援者としての行動が大切なんじゃないかなと思います。

職員への不満を教えてください

 

うーん。職員の不満というか…「なんだかなあ」と虚しくなってしまうのはやっぱり上述したようなことなのですが、プライベートで我が家のことや支援児童への不満をペラペラと話しておられたことがあったようで、それは嫌だなあとおもいました。

 

まわりまわって私の耳に届いたのですが、障がいのある子のママ達のネットワークって結構濃いのですよ。下手に子どもの愚痴とか親の愚痴とかを職場以外でぺらぺらと話すと世の中に噂として出回ることがあります。そういうのは、職場で指導をされた方がいいいと思います。

子供同士のトラブルについて、どう思っているか教えてください。

親の言ないところで起こったトラブルは仕方ないことです。子ども同士なので色々あると思いますし、支援者が四六時中全員の子に目を光らせているのは無理だと思うんです。

 

でもそこで「子供だからそういうこともあるよ」でおわらせるのではなく…子供の逃げ道や落ち着く方法が確保したり…次に同じことが起こらないように教えて欲しいなあとは思っています。

されて嬉しかった事を教えてください

そりゃいっぱいありますよ!その中でも、インパクトの強いものをお伝えしたいと思います。

「ママー」以外に人を呼んだ事もないまだ4歳だった頃の娘が、家でですが加配の職員の名前をボソッと「○○先生」と言ってびっくりしたんです。「この子なまえわかってるんだ!」と思った瞬間でとても嬉しかった。その事を職員に伝えると「やったー」と大喜びして下さったんです。娘のこと思ってくれてるんだな~と嬉しくなりました。

オーシャンズラブの企画で出たサーフィンスクールにて娘がパニックに…。
その時に、一日かけて娘について下さっていたボランティアの方が「苦しいね」と泣いてくださったのが印象的で胸に刺さりました。

支援のなかにいると「ありがとう」と思うことは無数にあります。そのなかでも、子どものためを思って行動してくださるかたは本当に嬉しい。ありがとう皆さん。感謝の気持ちでいっぱいです。

まとめ

支援や福祉あっての我が家です。親というのは我が子が誰よりも愛おしいもので、つい角の立つことを言ってしまうときもあります。しかし、支援して下さる方には感謝ですよ「こんな大変な仕事をしてくださり、いつも本当にありがとうございます」と常々思っております。

 

他にも質問があれば、いつでも聞いてください!支援できる人が、無理のない範囲で身近なところで助け合いが出来る社会になるといいなあとおもっています。

 

今日はここまで!


NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>