【支援児の学校選び】特別支援学校|特別支援学級へ行かせたくない

こんにちは、さおりと申します。

私は、この子たちのひとり親をしています。

👧2009年生まれの特別支援学校に通う、自閉症の女の子
👦2011年生まれの特別支援学級に通う、自閉症の男の子

2人の自閉症児を育てていると、必然的に支援児童やそのご家族と顔見知りになることが増えます。そのため、子どもたちが幼稚園のころは「特別支援学校」「特別支援学級」に入れたくないという周りの声も多く聞いてきました。

 

そうした方たちは心のどこかに「このこは特別支援に入れた方がきっと伸びるはず」という思いはあるはずです。だけど「年齢とともに発達の遅れは失くなるかもしれない」「普通級に入れば伸びるかもしれない」という気持ちがあるのではないでしょうか。

 

なかには「夫(親)が反対している」といった場合も多いようです。反対する気持ちの中には「重い障がいのある子と一緒にしたくない」という、障がいに対する差別や偏見もあるのだと思います。

 

私も親として、学校選びで葛藤する気持ちは痛いほどよくわかります。私は普通の主婦で、2人の自閉症児の親というだけですが、ここで少しアドバイスをさせてください。学校選びといった我が子の人生の大きな選択をするときです。ひとまず親の気持ちは置いておきましょう。

 

この子はどういった環境で学べば、苦しい思いを最小限に留めノビノビと多くを学びながら成長していくのか」を、一生懸命に考えてあげて欲しいと思います。

 

今回は、特別支援学校|特別支援学級へ行かせたくない方に向けて「学校選び」についてお伝えしていきたいと思います。※このブログでは何度もお伝えしていますが、私はあくまで普通のお母さんとしての意見です。

【支援児の学校選び】特別支援学校|特別支援学級へ行かせたくない

母親というのは子どもと一緒にいる時間が長いために、パパよりも子どものちょっとした問題に気が付きやすいです。だから発達に問題を抱える子の母というのは「この子は、周りの子と同じ説明や支援では足りない」と、感じていることも多いはず。

 

その反面、心のどこかで我が子には支援の中で生きて欲しくない」「この子は立派に育ってほしいと思ってしまうこともあるでしょう。そうした気持ちは同じ母親としてよくわかります。これは人間が生まれ持った生物学上の愛情というもの。この愛情が、ときに間違った方向へ向かってしまいます。例えば「親の思い描いた通りに立派に育ってほしい」といった、本人の生き方を尊重しない「愛」という名前をした「支配」へと変わってしまうことも、愛情が強いが故にありえます。

 

「支援の中だけで過ごさない」といったような、障がいのある子も外国籍の子も、定型発達の子も「共存して過ごす」というのには私も賛成ですし、とても意味のあるものだと思っています。ただ、発達に問題を抱え困っているのは、子ども本人の課題。その子にあったサポートを受けながら学んでいくことが、定型発達の中のクラスで過ごすよりも何倍も伸びて行ける可能性が高いのも事実です。

 

ここは一度、親の気持ちはしまっておきましょう。この子は、どこに行けば伸びることが出来るのか。どこに行けば生き辛さを最小限に留めることができるのか。考えてみて欲しいと思います。

特別支援にはどんな子がいるの?

特別支援といっても、特別支援学校と特別支援学級があります。冒頭でもお伝えしましたが、私の娘は特別支援学校、息子は特別支援学級です。当たり前のことですが、入ってくる子どものタイプや特性もその年によって違います。

 

両方に子ども達を通わせ、多くの情報を得るなかで感じる、子どもたちのことをお伝えしていきたいと思います。

特別支援学校

肢体不自由や人工呼吸器をつけている医療的ケアが必要な子達は、特別支援学校に通うことがほとんど。その理由は、今のところ特別支援学校でしか医療的なバックアップを受けることが出来ないからです。

 

見た目には分からない自閉症やLDHDの発達障がいや知的障がいを抱えた子たちでも、以下のような子達は特別支援学校には多いなあという見解です。

  • てんかんや重度のパニックがある子
  • 着替えや食事の介助が必要な子
  • 言葉での会話が出来ない、意思疎通に問題がある子  など

 

障がいによる医療的ケアや、日常生活により多くの支援を必要とする子たちが特別支援学校には多いです。

 

特別支援学級

息子の通う特別支援学級では「知的に遅れのある子」「発達に遅れのある子」の2クラスに分かれています。ちなみに周りの地域の学校でもだいたいこの2クラスが一般的で、通っている子どもの状況によっては「肢体不自由のクラス」などもあるようです。

 

学習内容は、その子に合わせた進度の学習が多く交流できる授業があれば支援員の方と通常級のクラスに無理のない範囲で在籍して一緒に学んだりもしています。通常級の多くの子ども向けの説明の授業やスピードでは理解に苦しんでしまうようであれば、また支援級に戻り自分ペースで学習を進めます。

 

医療的ケアや日常のケアは必要がないのだけれど、多くの子どもたち中で学ぶよりも、個別で学んだほうが延びていく子どもたちが特別支援学級に通っています。

支援級の担任の先生は必ずしも、支援に詳しいわけではありません。今までずっと通常級を受け持ってきた教職員としてはベテランでも、支援の知識は全くない方もいらっしゃいます。サポーターとなる支援員の方も特別支援に全く関与したことがないという方もいらっしゃいます。

長らく支援の中で守られてきた家族として思うのは、支援の知識も大切ですが「学びたい」「この子のことを知りたい」と親の話を丁寧に聞き、子どもに寄り添おうとする姿勢がある方は「親・教職員・子」のチームとして伸びていけると思います。

学校選択で悩んでいる方は、こちらもご一読下さい。

最適な環境で生きていくことについて

支援児童を2人育てていることと、私自身が年齢を重ねて経験がある程度蓄積してきたことで、強く思うことがあります。それは「最適な環境で生きていくことの重要性」について。大人でも子どもでも、苦手なことに取り組むときに大切なことは「環境調整」です。

 

たとえば、ひとり親の私は働いて稼がないと子どもも私も暮らしていくことが出来ません。ただ、その労働において、いくら賃金がいいからといって夜中の交通整備や男性が任されるような肉体労働をするのは、心身共にリスクが高すぎます。そうではなく私が働きやすい時間帯や環境、育児をしながら生活を回すという「日常生活に差し支えない場を選ぶ」のがいいです。

 

これを子どもに当てはめてみると、自分の抱えている障がいの特性で、集団の中では気が散って落ち着いて学べないという場合には、特別な支援を受けながら個別で学ぶ方が最適でしょう。

 

障がいを抱えた子達が「何度言っても出来ない」「頑張らない」といったように見えるのは、本人の努力の問題ではなく環境の問題です。自分が一番学びやすい環境で多くのことを吸収し「できた!」という達成感を得ることが「もっと学んでみよう」「次もやってみよう」というチャレンジに繋がるといいなと思っています。

最適な環境で生きていくことについて

今回は、特別支援学校|特別支援学級へ行かせたくない方に向けて「特別支援」のことをお伝えしてまいりました。

 

発達がゆっくりの子や、発達に問題を抱えている子どもたちを育てているママたちは、苦しいと感じてしまうことも多いですよね。多くの子と同じ道を進まない、多くの親のように気楽に過ごせない、思い描いていた育児と違いすぎる。だから、考えることが多すぎ疲れてしまうことも多いかと思います。

 

でもそれは我が子の生き方をを、周りよりしっかりと考えてあげれるということでもあります。すごい育児をしているんですよ。この記事を、ここまで一生懸命読んでくださった方はきっと、子どものことを熱心に考えている素敵なお母さんなんだと思います。本当に毎日お疲れさま。

 

今日は、ここまで~♪

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>