【特本コラム#21】豆腐メンタルの自閉症ママが、潰れないために大切なこと

「2人の障害児育児」と「ひとり親」が枕詞だと
いかにも強い女性に思えますが
俗に言う「豆腐メンタル」といわれる
弱い心の持ち主の私
日々、心が折れてばかりです

 

日々、みなさんが驚くほどの
失敗と挫折の連続で
どれだけ多くの経験を熟しても
強くなるどころか
年々、弱くなる一方です

 

そんな私が
大黒柱としては
「けして潰れないために」
とても大切にしていることがあります
(だって、潰れる訳にはいかない…)

 

それは、「自分で決める」ということです

 

***

 

自宅ワークという仕事柄
1日のほとんどの時間を
インターネットの大海原で
オンラインの繋がりの中だけで
過ごしています

 

Twitterでは1年足らずで7000人近いフォロワーさんと繋がり
ブログも気が付けば月3万PVに育っています

 

個人事業・発信活動をする私にとっては
とても光栄なことで
多くの出会ったこともない方々から支えられることは
心からありがたく思っております

 

***

 

とはいえ、私の事業は
けして大きくはないですし
精神的にも体力的にも
日々いっぱいいっぱい
1馬力の大黒柱として3人で暮らしていくには
金銭的に火の車の月だってあります

 

トラブルもあるし
批判にもあう
想定外の問題に見舞われることもある

 

企業に守られていない
相談出来る仲間がいない
ひとつの失敗がこれからの事業運営に直結する
綱渡りのような暮らしは
「40代」「ひとり親」「障害児育児」の私を
不安で覆いつくします

 

そうしたときに
「立ち止まるわけにはいかない」
「前に進もう、立ち向かおう」
そのように、気持ちを前向かせてくれるのは
「愛する子ども達のため」
…ではありません

 

もちろん
子ども達がいるからこそ頑張れています

 

しかし
どん底から這い上がる力というのは
やはり「自分で決めた」という
「誰のせいにもしない」選択の結果なのです

 

***

 

人の意見に流されず
自分の意見を通すときには
多くの反論の中を進まねばならないときもあります

 

見通しが立たぬ中
真っ暗闇のような道を
進まねばならぬときもあります

 

どんなに努力しても
「結果に繋がらなかった」
「求める結果が手に入らなかった」
数々のそうした経験もしました

 

幸いにも
今のところはありませんが
アドバイスを聞かないことで
「ほーれ、みたことか」と
思われ、虚しく、申し訳なくなることも
今後あるかもしれません

 

ひとり親も
障害児育児も
個人事業も
相談できる人は少なく
潰れてしまいそうになるときもああります

 

不安で
怖くて
逃げ出したくて
心を痛める日もあります

 

そんなときに
「自分で考えて、自分で決めた」という行為が
情けない自分を救ってくれます

 

***

 

子どものため(誰かのため)に生きることも批判しません
それはそれで、ひとつの素晴らし生き方です

 

誰かのアドバイスに従いながら生きることも
自分を支える、ひとつの選択肢です

 

しかし私のような豆腐メンタルでは
「誰かのため」に生きてしまうと
上手く行かなかったときに
「あなたのために頑張ったのに」と…
依存的になる気がします

 

例えばですが
私が「我が子のため」に
自分を犠牲にしながら生きたのならば
いずれ、私から巣立とうとする子供たちに対し
「こんなにも、あなたのために尽くしたのに」
と、引き留めてしまうかもしれない

 

私にとっての
「自分で決める」
ということの重要性

 

それは
いつまでたっても
人としての弱さが多く残る私の
次の一歩を踏み出す糧となります

 

***

 

たとえ失敗したとしても
たとえ騙されたとしても
「それでもいい」と
後悔のない人生を送るためには
自分で考えて決めていく生き方を
私は生涯大切にしたいと思っています

 

他人の経験談やアドバイスは
ありがたく受け入れつつも
「流され過ぎず生きたい」
「大切なことは自分で決めたい」
という思いが
歳を重ねるごとに強くなります

 

「自分で決める」
これに、とても救われてきた人生だから

 

子どもにも常に問いかけます
「あなたはどうしたいの?」

 

今日は、ここまで。

 

年々増えていく、福祉制度。多様化した制度とその制度の中で働く労働者も増え続けているののに関わらず、多くの障害者家族が一般的な暮らしを手に入れることはとても難しい。   多くの定型発達者が当然 […]

毎年、暑くなってくると「就学相談開始の時期だな」と思います。   インクルーシブ教育の幼稚園に通っていたころ、私も含め障害を抱える子のお母さん達が「就学について」悩んでた。障害を抱える子と暮 […]

生きている限り 「なぜ、こんなことになるんだ」 「私は、どうしていつもこうなんだ」 「いつも私ばっかり、外れくじを引くんだろう」 …そんな風に思わされるような理不尽なことが、誰にでもあるはずです。 & […]

私は教育者ではなく普通のお母さんですが、義務教育で数十人の生徒に一斉に同じことを教えるなんて「時間の無駄だし、これでいいのか」と思っています。   だって、同じ学年と言っても、色んな子がいる […]

息子「なんで、学校に行かなきゃならないんだろうね」 私「なんでだと思う?」 息子「登校も大変だし、やりたくない授業もあるから」 私「わかるよ。ママも子どものときに同じように考えていたし、大人になった今 […]

最新情報をチェックしよう!
>