自己紹介

代表者について

資格・経歴

・トラストコーチングスクール(TCS)認定コーチ
・国家資格キャリアコンサルタント|2022年春取得予定
・終活協議会「終活ガイド上級」
・個人事業主|Hon-Dana(webライター・広報など)
・コミュニティ主宰者

 家族について

・1979年生まれのひとり親
・2009年生まれのASD(自閉症)の娘|特別支援学校
・2011年生まれのASD(自閉症)の息子|特別支援学級~家族3人で、切磋琢磨しながら生きています~

メッセージ

特別支援の本棚代表の
瀬島早織(せじまさおり)です。

ひとり親として、障害児2人を育てる中で
親だけでは抱えきれない
さまざまな問題に遭遇してきました。

子どものパニックや問題行動
就学のことや
公共の場での問題行動や社会との関り
障害者の親特有の孤独感。

多くの問題を抱えながら暮らしていく姿を
「お母さん強い」と
まとめられてしまう虚しさも
充分に味わってきました。

普通の女性が
普通に子どもを産んで
普通に育児をしていたら
たまたま障害児だっただけ

あなただからこそ「乗り越えられる壁」などというものも
実のところ
「言葉による緩和剤」なのだろうなと
感じています。

「障害者の親は強い」
「障害者には才能がある」
といったことは
蚊帳の外にいるからいえることなのです。

実際に育てる側に立つと
いかに自分が無知で弱いのかを
知ることになります

また、障害者の才能など見つける余裕はなく
日々の暮らしで手一杯。

「才能を見つけてあげてね」といわれるたび
余裕のない自分の暮らしを
責めてもいました。

こんな暮らしだからこそ
気付いたことがあります。

障害を抱える子どもの支援や制度はあるのに対し
親を支援する制度はないこと

障害者の親なら
歯を食いしばって頑張り続けることが
当然ってこと?
それって
おかしな話

***

障害者の親へのメンタルへの関心の低さ
母親が自分を犠牲にし育児をする姿を美しい話となる風習

そういうの、いい加減
今の時代で終わりにしたい

もちろん障害ある子たちへの
医療・福祉の早期支援は必要です

ただ
親の心の支援も忘れないでほしい

満たされていない親
不安を抱えるすぎる親
笑うことすらできなくなった親が
我が子を守ることができるのでしょうか?

「障害者の親のための制度」
それが出来上がるには
まだまだ時間がかかりそう

だからこそ
オンラインコミュニティ
「特別支援の本棚」
スタートさせます。

 

 

コミュニティ「特別支援の本棚」とは

スタートまで、もうしばらくお待ちください。

活動内容

スタートまで、もうしばらくお待ちください。

 

概要をざっと…

・障害者の親の働き方
(フリーランスでの視点や国家資格キャリアコンサルタント(2022年春取得予定)の視点より)
・障害者当事者の働き方(同上)
・障がい者の親亡き後問題について(終活ガイド上級の視点から)
・交流の場(みなさんの悩みやお喋りの場としてお使いください)
・学びの会(定期的に講師やカウンセラーなどを読んで講義を開きます)
・個別相談(コーチング認定講師の視点から)

費用

スタートまで、もうしばらくお待ちください。

初期メンバーの方々には、無料または特別待遇とさせていただく予定です。

ビジョン

スタートまで、もうしばらくお待ちください。

 

 

最後に:主催者はこんな人

 

お母さんは、何をしている人ですか?

私は、フリーランスのwebライターや広報をしています。

 

子ども達は、どのような障害なのですか?
2人とも自閉症ですが、タイプが全く違います!
学校・学年 自閉症からくる特性 好きなこと
2009年生まれ
特別支援学校:小学6年
(2021年現在)
言葉でのコミュニケーションが難しい
自傷他害あり
パニック有り
不安感強い
YouTubeやDVDを見て踊る
動画を特定の画面で止めてみること
息子 2011年生まれ
特別支援学級:小学4年
(2021年現在)
怒りのコントロールが難しい
特定の話をし続ける
ゲーム
絵をかいて計画を立てること

 

ブログではなぜ、自閉症育児のことを赤裸々に発信しているのですか?

とてもいい質問ですね!

 

誰かが声をあげることで、世の中が変わっていくと思っているからです。過去の歴史をみても、誰かが勇気をもって声をあげ続けてくれたから、社会がより良い方向へ変わっていったはずです。

遅々たる歩みだとは思います。ただ、当事者一家となる我が家が声をあげることには大きな意味があると感じています。

 

現在、取得のために勉強されている「キャリアコンサルタント」とはなんでしょうか?

なんといい質問でしょう!簡単に説明しますね!

 

キャリアコンサルタントとは2016年に国家資格に制定された、職業選択や能力開発に関する相談・助言を行う専門家のことです。

 

誰しもこれからの人生を考えるときに、仕事を切り離して考えることはできません。

 

キャリアコンサルタントの行う相談業務(キャリアコンサルティング)では、その個人らしい職業選択やキャリア開発を支援するプロセスをいいます。ただ単に、仕事を見つける職業案内人ではありません。

 

相談者の暮らしや背景、さまざまな経験を積極的に受け止め、相談者の「より幸せな人生」を、サポートするプロセスを生み出す支援伴走者となります。

 

取得資格:トラスト認定コーチングとはなんですか?

これもとてもいい質問!簡単に説明しましょう。

 

コーチングとは、対話によって人の自己実現にゃ目標達成を効果的にサポートしていくコミュニケーション技術のことです。

 

私自身、コーチングをうけたことで本当に自分の感情に出会うことができました。どのように子どもと向き合えばいいのか…または、これからの自分の人生と向き合えばいいのかを知ることができるようになりました。

 

コーチングによって、考え方をより柔軟に豊かにすることができ、とても生きやすくなりました!

 

終活協議会「終活ガイド上級」とはなんですか?
終活とは、言葉のごとく「自分の残された人生」と向き合うための、人生をかけた断捨離作業のようなものです。以下で解説しましょう。

 

終活と聞くと縁起でもないとネガティブなイメージを持つ人もいます。終活とは本来「どのような最期を迎えたいのか」を考えることで「これからの人生をどう生きたいのか」を考えるポジティブなものなのです。

 

特に障害のあるお子さんをお持ちの方は、障害者の親亡き後問題や自分自身の終活のことなど気になる方も多いのではないでしょうか。終活協議会認定の終活ガイド上級を取得した私が、ありとあらゆるご相談とサポートを全力でさせていただきます!

 

何卒宜しくお願い致します<m(__)m>

名前:さおり

1979年4月生まれ:ひつじ年のおひつじ座

性格:基本として(自称)素直で平和主義ですが、結構頑固です。

好き:自転車と筋トレとヨガ・語学学習

嫌い:ウインドウショッピング・羊羹

得意なこと:断捨離・素直・体を動かすこと

苦手なこと:洋裁

最新情報をチェックしよう!
>