自閉症児の親として「子供への愛情って何なのか?」今一度考え直してみた

こんにちは、さおりと申します。

私は、自閉症児2人のひとり親をしています。

👧2009年生まれの特別支援学校に通う、自閉症の女の子
👦2011年生まれの特別支援学級に通う、自閉症の男の子

我が家の2人の自閉っ子のうち、娘は言葉でのコミュニケーションが難しいでです。こちらが伝えたことをそのまま返す「オウム返し」や、テレビで聴いたセリフを一人で喋ったりはしていますが、他人とのやり取りを言葉でするということが難しいです。

 

そうしたことも含めて多くの不安や困り感に囲まれて生きているために、パニックにもなりがちです。それに最近は、11歳なりの自分の意志や考え方も出てきていているし(思春期の入り口かな)、納得いかないことも多くパニックになりがちです。こうした子への愛情って、どうやって注いであげればいいのかな~って言うことを改めて考え直してみました。

自閉症児への「愛情」とは何か?

自閉症児にかぎらずですが、私は親としての愛情を以下のように定義しています。

親である自分がいなくなったときに、だいたいのことが出来るようにと思って育てて行くのがが愛情で
自分がいなくなれば何も出来ないようにに仕向けて育てるのは支配

 

なんだか、偉そうに言いましたが結構真面目にそうなんだろうな~思っています。「自分がいなくなっても、だいたいのことが出来るように育てる」って言葉をそのまま受け止めると自閉症の子にはハードルが高すぎます。だから「一人で自立しなさい」って話ではありません。

 

家事炊事を一人でこなせるようになるといった自立や、自分の稼ぎで一人で暮らしていくってことでもありません。多くの支援にかこまれつつ「手伝ってください」と助けを求めることができるようになったり、意思表示ができるようにようにしてあげることも障がいを抱える人にとっては大きな自立の一歩だと思います。

 

だって、自分の意志を伝えるって、とても大切なことじゃないですか。慣れ親しんだ人だけじゃなく、これからお世話になっていく人に向けて、どんな場所でも希望を伝えることが出来るように育ててあげるって、親として忘れてはならないこと。そして反対に、ときどき見かけます。「この子、私がいないと何もできないんです!」的なお母さん。「それ、逆では…」と思って見てしまうこともあります。

 

障がいの有無に限らず、多くの場合で子供は親よりも先に自立をします。私も含めて、子どもが親の想像より自立していることに気付かない親って意外と多いものです。なぜそんなことが起こるのかといえば「子供がいないと、自分の生きる意義づけ」ができなくなってしまうのが親と言うものだからです。そうした子育てをしているなと気付いたのなら、なるべく早めに自分自身の育児スタイルや人生のありかたを修正していくべきだと思うのですよ。

 

長年かけて、知らず知らずのうちに染みついてしまった「子供への依存」は、老後の自分の在り方にも大きく影響してきます。子供に自立を望むのなら、自分だって少しずつ自立を始めるべきです。本当に子どもへの愛情を注ぐのであれば、いつまでも必死で子供の世話を自分が主となり差配することから卒業し、自分自身も子育て以外にすべきことを見つけ子供から自立するよう努力が必要ですよ。

 

じゃあ、親は何を子どもにしてあげるべきなのか…って思ってしまいそうですが、親というのは子どもの心の起点です。子どもが失敗を経験したり、不安を抱えているときに「どんなことがあってもお母さんが絶対味方でいてくれる」って、ものすごく心強いと思いませんか。

 

私も子どもを育て上げたわけではないし、そんな風に信じているし、いつまでもそういった存在でありたいなあと思っています。見。

親子の相性も大きく自立に関係していると思います。

 

親から子への愛情を考えた時に「相性」の問題もあると思います。親子といえど一心同体ではなく、それぞれ別の「個」と「個」です。だから、相性ってあるはず。じゃあ、その相性のその見極めはどこにあるのかというものですが、それが結構分からないものなんですよね。

 

幼いうちは「やっぱり親子!私の元に生まれてくる運命だった!」と思っても、子どもが成長していくうちに「なんで、こんなにも分かり合えないの?」みたいになってくる。そういうの、よくあると思うんです。

 

親子に限りませんが、個人的に思う相性の基準としては一緒に居ると「出来ること」や、一緒に居ることで「やってみたいこと」が増えるのが相性がいい人「それは辞めてね」「これはしちゃダメ」と、出来ないことを増やす関係が相性が悪い人だと定義しています。どちらか一方がいなければ「寂しくてたまらない」「判断すらできない」っていうのは、最初の話にもどりますが「自分がいなくなれば何も出来ないようにに仕向けて育てるのは支配」というのと近いのだと思います。

 

まあ、偉そうに書きましたが、子育ては正解がないので「こうやって育てれば大丈夫!」というのが無いところが難しい。

まとめ

自閉症育児をしている私の思う「子どもへの愛情とは…」

親である自分がいなくなったときに、だいたいのことが出来るようにと思って育てて行くのがが愛情で
自分がいなくなれば何も出来ないようにに仕向けて育てるのは支配

自閉症児の育児って、親子ともに辛いことや乗り越えるべきことが多いし大変なことのオンパレードなんですよね。しかし、そのプロセスさえも大切にに思うのが親として大人としての余裕なんだろうな~と思います。

 

子供も自立に向けて頑張っています。ママ達も子供からの自立できるように、今を楽しみましょう!

 

今日は、ここまで~

 

>