自己紹介

こんにちは
「特別支援の本棚」を運営しております
さおりと申します

ここに辿り着いたのも何かのご縁
私と子ども達のことを
自己紹介をさせてください

私たち家族のこと

私は
1979年生まれのひとり親

娘は
2009年生まれの自閉症の女の子
特別支援学校に通っています

息子は
2011年生まれの自閉症の男の子
地域の学校の特別支援学校に通っています

 

3人仲良く暮らしてきましたが、来春2022年4月(令和4年度)より娘が中学生になることをキッカケに遠くの施設に入所(母子分離)することになりました。

 

※詳しくはこちらの記事を参考にしてください>>>こちら

ひとり親も障害児育児も大変

ひとり親になる前は
専業主婦をしていました

当時
私が感じていたことは
専業主婦の虚しさや達成感のなさ

自己紹介するときも
「○○の妻で」
「○○の母親で」
いつも家族の肩書に金魚の糞のように
くっついている私でした
(実際はそんなことないんですけどね)

その後、離婚しひとり親になりました
社会という大海原に進出すると
ワーママのなんと大変なこと
ひとり親のなんと大変なこと

このまま
体も心も壊れてしまうのではないかと感じていたときに

本当に
体も心も壊れました

2度目の子宮頸がん円錐切除術(がん細胞をとる手術)をすることになってしまったのです

手術・退院を1泊2日で終え
3日目には
また働きに出ました

だって
障害児を何日も宿泊付きで受けてくれるサービスはないし
正職員でないために社会保証の少ない大黒柱の私には
働くしか選択肢がなかった

でも
仕事中に
運悪く傷口が開いて
緊急で再手術

手術で多量の出血は止まったし
点滴で出血した分の栄養は補ったのだけど
なんだか涙が止まらなくなりました

心と体は繋がっているんだなと感じた瞬間でもあります

そして
私は先のことも何も考えずに仕事を退職

そこから
微々たる失業保険を貰いながら
この先のことを
一生懸命考えることにしました

休みながら考えた「ひとり親」「障害者の親」の暮らし

仕事を一旦やめて考えてみると
以下のような考えに到達しました

離婚することも障害児を生むことも
予測もつかないことで
誰にでも起こりうることなのに
「ひとり親の暮らしがこんなにも大変なのはおかしいこと」
「障害児と暮らすのが、こんなに大変なのはおかしいこと」
さまざまな「おかしなこと」に
改めて気がつきました

だれかが当たり前に手に出来る
選択の自由が
ひとり親・障害児育児といわれている人達には
限りなく少なく
みんなが普通に手にしていることが
とても遠い夢のようなことに思える

そんな世の中に従うのは嫌だし
そんな世の中が続くことも嫌
そんな社会に子どもたちを送り出すのは
もっと嫌だ

そんな風に考えるようになりました

考えた結果

「そうだ!やりたいこと追求してみようかな」

体を壊したことで心が壊れたのだから
今度は反対に
「心も体も喜ぶことをしておけば、この先どんな災難にも、きっと耐えれるはず」
そんな風に考えます

とはいえ
ひとり親や障害児の親が
楽しそうにしていると非難を受けることもありますし
「そんな時間があるんだ」と不思議に思われることもあります

それに対しても
「人の目は一切無視しよう」
「自分の人生の主役として生きよう」

そのように
考え方も替えました

行動したこと

私の好きなことは文章を書くこと
だから
「ブログを立ち上げよう」
そんな思いから立ち上げたこのサイト

しかしすぐに
「Web上で文章を伝えるって難しい」
と即座に気付き
wordpress(ブログ)のコードも何度も壊し
白目をむく日々…

失業保険だけでは
生活していけず
少しずつ減る貯金

それでも諦めず
毎日毎日
wordpressの修正や
文章を書いていたら

「webライター」のお仕事が舞い込んでくるという
奇跡が起きました

これをキッカケに
本格的に在宅の仕事始動するに至ります

起業する

不安はありましたが
自分でお金を稼いでいこうと
起業に至ります

起業してからは
外で労働していた時以上に働いています
収益は不安定で
責任も重いけれど
私は、毎日ワクワクしています

ネット内で
横の繋がりができることで
それが
在宅で働く私のエールにも繋がりました

「そうだ、私もエールを送ろう」
自閉症児のお母さんや
ひとり親のお母さんに
「あなたは1人ではないよ」
と、リアルな我が家の声を
Twitterを活用して届けたら
わずか1年で
6000人以上にも上るフォロワーさんが
応援してくださるようになりました

暮らしが
「大変か?大変じゃないか?」
と、問われたら
毎日大変です

それでも
私は今の働き方と暮らしが大好きですし
もっと
やりたいことも追求したい
そして
誰かと励まし合って
「誰も置いてけぼりにしない」
社会にしていきたいなと思っています

これからのこと

これからも
執筆は続けます

文字で人の役に立つことは
私の喜びです

今後は
もっと違う形でのサポートも視野に入れて現在動き始めています

私の人生は
絶望や失敗の連続ですが
成功と希望も同じほど見てきました
泣くことも山のようにありましたが
それでも「なんとかなってきた」
だから「これからも絶対大丈夫」
そう信じています

私を突き動かす言葉のひとつに

やりたい人1000人
始める人100人
続ける人1人

という言葉があります

わたしも
その1人になりたい
そんな親としての姿を
子ども達に見せたいと思いますし
2人が私の子どもになってくれたからこそ
頑張り続けれることを
身をもって伝えていきたいと思っています

 

このブログにかいてあること

本ブログは
「自閉症児2人のお母さん」として感じること
「ひとり親」として、私なりに考えること
日々の暮らしの楽しみ方社会対して困っていることなどを赤裸々に書いています

ただ
「楽しみ方」「社会に対して」といっても
ごくささいなことばかり

年齢を重ね
自分が好きなこと・心地よいこと・大切にしたいことを
暮らしに取り入れ
不要な感情やものをそぎ落としているだけのこと

華やかな暮らしではありませんが
充実した人生だと思います

このブログを読んでくださった
肩の力をぬいて
すこしでも笑顔になって貰えたらなと思います

どうぞ、よろしくお願いいたします

私はこんな人

名前:さおり

1979年4月生まれ:ひつじ年のおひつじ座

性格:基本として(自称)素直で平和主義ですが、結構頑固です。

好き:自転車と筋トレとヨガ・語学学習

嫌い:ウインドウショッピング・羊羹

現在チャレンジしてること:キャリアコンサルタントの受験勉強

得意なこと:断捨離・素直・体を動かすこと

苦手なこと:洋裁

最新情報をチェックしよう!
>