体験談|キャリアコンサルタント養成講座#2「通学1回目:課題が山積み」

✔この記事は、自閉症児2人を育てるシングルマザーがキャリアコンサルタントを目指すシリーズ記事

 

今回は、ヒューマンアカデミーのキャリアコンサルタント養成講座の通学課題1回目が終わった感想を書き綴ります。

 

・キャリアコンサルタント全10回の授業の1回目を受けて思うこと
・自宅学習が山積みで追いつかない
・キャリアって奥深い

 

私がなぜキャリアコンサルタントになりたいと思ったのかは、こちらで詳しく解説していますので気になる方はぜひ目を通してみてください。

関連記事

私はひとり親をしながら、自閉症児2人を育てています。   娘は、2009年生まれ小学校6年生で特別支援学校へ。 息子は、2011年生まれ小学校4年で特別支援学級へ。   私は1979年生まれの4[…]

【キャリアコンサルタント養成講座】通学課題1回目終了後の感想

キャリアコンサルタント養成講座に申し込みをし、通学課題(現在はzoom)…要は授業の1回目が終了しました。

 

ここまでの感想を完結に述べます!

家庭学習・提出物がツライ
通学講座は楽しい
先行きが心配

 

キャリアコンサルタント養成講座の通学課題(現在はzoom)は、1日8時間の授業が全10回あります。

 

概ね半分が座学で、残り半分が実際の演習授業。それに、プラスして家庭学習が150時間程度あり提出物も山のよう。

 

ちなみに私は、1回目の通学までに終わらせるべき課題が終わらぬままの参加でしたが、なんとかついていけました。

【キャリアコンサルタント養成講座】通学課題1回目の概要

初回講義の概要を図にしておきます。

項目 内容
授業スタイル ・zoomでのオンライン授業
・AM9:30-PM18:30 (お昼休憩1H、小休憩10分×2回)
・質問可能
・グループセッションあり
・80分以上の早退・遅刻は欠席とみなされる
生徒 ・基本として毎回おなじ
・日によって、欠席や他のクラスから補修にくる人がいる
・他のクラスからの補修の人もきちんと紹介され、置いてけぼり感はない
参加人数 ・17名程度
・それにプラスして講師・サブ講師・ヒューマンアカデミー担当者
初回授業の内容 ・自己紹介やアイスブレイク
・キャリアコンサルティングの役割や倫理とその姿勢など
・座学が多め
・グループになってセッションし発表もあった
講師名 二本柳聡美先生

 

さまざまな年齢層・性別・キャリアの生徒が出そろっていましたが、私と同じママの方々もいて心強いと感じました。また、講師である二本柳聡美先生自身もママ。

 

本人自身がキャリアと育児の悩みを抱えた経験があるために、とても理解ある穏やかな方だなと感じました。

 

初回講師:二本柳聡美先生について

二本柳聡美先生の授業を一言で言うと、とにかく分かりやすい。

 

以下は講師のブログの紹介となります。私自身もとても共感し素敵な方だなと感じます。

・仕事と子育ての両立支援
・ワーキングマザーの子育て支援
・保育士のキャリア支援

子育て中のママたちが
仕事も育児も楽しめる世の中にしたい!

生まれてきた全ての子どもが
大切に育てられる社会にしたい!

そんな思いを胸に、キャリアコンサルタントとして
働く人、働きたい人を応援していきます。

引用:アメブロ「‟自分らしくを生きる”を応援!キャリアコンサルタントの思い」二本柳聡美講師のブログより

 

授業と言っても一方的に話を聞いているだけではないため、あっという間に時間が過ぎていきます。

母親あるあるなのかもしれない|私自身の授業の早退のについて

朝9時半~夕方18時半までの授業は、80分以上の遅刻は欠席とみなされます。出席率8割を超えないと、講座終了したとはみなされません。

 

ひとり親で、障害児育児真っただ中の私は18時半までの授業など受けることが出来ないために、毎回80分制限ギリギリの17時10分に早退させてもらっています。

 

「残りの授業は録画を送ってもらい自宅で勉強」となるのですが、こうした配慮までしてくれたヒューマンアカデミーのスタッフ陣、そして私が早退することを考慮した授業の進め方をしてくださる講師、そしてそれに付き合ってくれる受講生の皆様に感謝しかありません。

 

自己紹介やグループセッションする中で、講師・スタッフ・受講生のみなさんとても優しい。受講生は勉学への闘志ある一方で、不安もあるのが伝わってきます。共感することが多いからいい仲間になれそうだし、今後も頑張れそうと感じました。

 

授業についてはそう感じたのですが、自宅での課題と提出物が山のよう…私の時間も心も追い詰めます。とはいえ、キャリアコンサルタント目指すと決めたのだから頑張らなければ…。

【キャリアコンサルタント養成講座】通学課題1回目|授業について

今回は第一回目の授業ということもあり、アイスブレイク的な自己紹介の時間もたっぷりとられていたし、キャリアについてグループになって話し合い発表する場も多く設けられていたように思います。これから3か月間、授業に取り組む上での、講師・スタッフの配慮だったのかもしれません。

 

授業は、キャリアコンサルタントになる上での基盤・基礎部分の学習でした。

  • 職業能力開発促進法
  • 職業能力開発基本計画
  • キャリア形成
  • キャリコンサルタントの倫理と姿勢
  • カウンセリング理論   など

 

時代のスピードがとても速いし大きく変化する中で、一人一人がイキイキと働くための道筋を作ってあげるのがキャリアコンサルタントです。

 

その「イキイキと」を見つけることが、多くの人にとってとても難しい。授業を進める中で、私自身もまだまだ自分探求をしたいし、他人のイキイキを引き出せる人になりたいと感じました。

まとめ

キャリアコンサルタント養成講座、通学課題(現在はzoom)の1回目を受けた感想は

授業はとっても身になる
しかし、自宅課題(宿題)が私を追い詰める

 

ということです…。

 

絶対にキャリアコンサルタントになってやるぞ!
応援してください!

 

今日はここまで!

✔この記事は、自閉症児2人を育てるシングルマザーがキャリアコンサルタントを目指すシリーズ記事   今回は、ヒューマンアカデミーのキャリアコンサルタント養成講座の通学課題1回目が […]

✔この記事は、自閉症児2人を育てるシングルマザーがキャリアコンサルタントを目指すシリーズ記事   今回は、ヒューマンアカデミーのキャリアコンサルタント養成講座の通学課題2回目が […]

私はひとり親をしながら、自閉症児2人を育てています。   娘は、2009年生まれ小学校6年生で特別支援学校へ。 息子は、2011年生まれ小学校4年で特別支援学級へ。   私は197 […]

✔この記事は、自閉症児2人を育てるシングルマザーがキャリアコンサルタントを目指すシリーズ記事   今回は、ヒューマンアカデミーのキャリアコンサルタント養成講座の通学課題3回目が […]

>